第32回東京国際映画祭のオープニング作品が決定『男はつらいよ お帰り 寅さん』

2019年10月28日(月)~11月5日(火)に開催する第32回東京国際映画祭のオープニング作品が『男はつらいよ お帰り 寅さん』に決定した。


2019年12月27日に全国公開となる『男はつらいよ お帰り 寅さん』。第一作目の公開から今年で50年を迎え、シリーズで50作目となる『男はつらいよ』の奇跡の最新作が東京国際映画祭の開幕を飾ることが決定した。「一人の俳優が演じた最も長い映画シリーズ」としてギネス世界記録を今も保持している、まさに日本が世界に誇る映画シリーズ。1997年の『男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇』以来、本作が実に22年ぶりの新作となり、寅さんの甥の満男(吉岡秀隆)と、満男の初恋の相手イズミ(後藤久美子)のその後の物語を軸に、さくら(倍賞千恵子)や博(前田吟)、そして「くるまや」を囲むいつもの面々のいまが描かれる。世界中が待ち望んだ、あの寅さんが奇跡の帰郷を果たす。日本での公開に先駆けて、東京国際映画祭で世界に向けて、お披露目される。

東京国際映画祭フェスティバル・ディレクター久松猛朗:コメント

この映画のエンドロールを観ながら自然と涙がこぼれました。毎年お盆とお正月にこのシリーズの最新作をどれほどワクワクしながら待ちわびたことでしょう。正に国民的映画シリーズであったと思います。そして、振り返ってみると、日本の女優史でもあったことに気づきました。そのシリーズが山田洋次監督の魔術で新作として蘇りました。この映画を第32回東京国際映画祭のオープニング作品として世界にお披露目できることを心より嬉しく思います。


山田洋次監督:コメント

寅さんシリーズの第50作となる『男はつらいよ お帰り 寅さん』が東京国際映画祭オープニング作品に選ばれたことを嬉しく思います。先行き不透明で重く停滞した気分のこの時代に、寅さんの台詞にあるように「生まれて来てよかったと思うことがそのうちあるさ」と、50年をかけて製作したこの映画が日本のみならず世界中で、一人でも多くの観客の〝心の希望″となることを切に願います。


ストーリー

寅さんの甥・満男と、満男がかつて想いを寄せたイズミのその後の物語。 20数年ぶりに再会を果たす二人、そして、くるまやの人々。 懐かしい人たちとの再会、そんな折に何かつけて思い出されるのは寅さんだった…。


映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』特報



出演:渥美清 / 倍賞千恵子 吉岡秀隆 後藤久美子 前田吟 池脇千鶴 夏木マリ 浅丘ルリ子 美保純 佐藤蛾次郎 桜田ひより 北山雅康 カンニング竹山 濱田マリ 出川哲朗 松野太紀 林家たま平 立川志らく 小林稔侍 笹野高史 橋爪功


原作・監督:山田洋次

脚本:山田洋次 朝原雄三

音楽:山本直純 山本純ノ介                     

主題歌:「男はつらいよ」渥美清 / オープニング 桑田佳祐

制作・配給:松竹株式会社

© 2019松竹株式会社

公開:2019年12月27日(金)全国公開


<第32回東京国際映画祭 開催概要>

開催期間:2019年10月28日(月)~11月5日(火)

会場: 六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区) 他

公式サイト:https://2019.tiff-jp.net/