森崎ウィンが登壇!『東南アジア映画の巨匠たち』オープニングセレモニー

2019年7月4日、都内にて国際交流基金アジアセンター主催、公益財団法人ユニジャパン(東京国際映画祭)共催で、7月3日(水)か ら10日(水)まで、日本と東南アジアの文化交流事業を幅広く紹介する祭典「響きあうアジア 2019」の一環で、躍進目覚ましい東南アジアの巨匠にスポットライトを当てる特集 上映「東南アジア映画の巨匠たち」が開催された。


数々の国際映画祭などで評価が高く、日本との文化交流も著しい巨匠監督ガリン・ヌグロホ監督(インドネシア)、ブリランテ・メンドーサ監督(フィリピン)、エリック・ク ー監督(シンガポール)に加え、今後アジアでの活躍が期待される若手監督カミラ・アンディニ監督(インドネシア)、ナワポン・タムロンラタナリット監督(タイ)が本企画のオープニングセレモニーに登壇。日本からは安藤裕康(国際交流基金理事長)と久松猛朗(東京国際映画祭フェスティバル・ディレクター)が登壇。さらに、日本とミャンマーをはじめワールドワイドに俳優・アーティストとして活躍する森崎ウィンが、スペシャルゲストとしてお祝いに駆けつけた。通訳を挟んでの舞台挨拶だったため、日本語と英語が思わず混じり合ってしまい、登壇ゲストと観客の笑いを誘った森崎ウィン。東南アジア各国の登壇者が揃い、非常に国際色豊かなイベントとなった。

森崎ウィン コメント

東南アジア各国の監督の皆様、日本にお越し頂きありがとうございます。このような場に呼んでいただき誠にありがとうございます。なぜ本日僕がここにいるのかをご説明しますと、僕も東南アジアの国の一つであるミャンマー出身で、日本とミャンマー、両国で仕事をさせて頂いているからです。そんな僕には夢があります。それは、アジア各国の映画に出演する事です。僕がどんどん各国の映画に出演することで、東南アジアの魅力をもっと伝えられたらと思っています。そして、『淵にたつ』『海を駆ける』の深田晃司監督の制作中の作品に出演する事になっており、本日深田監督もこちらに来場されたがっていたのですが・・・残念ながら来る事が出来ず、「イベントの成功を祈っています」という監督のコメントを預かってきました。通訳が入るとちょっと(話すタイミングなど)難しいですね(笑)(※『海を駆ける』の英題が分からなかった通訳の代わりに、ゲストに流暢な英語で話しかけアシストをする森崎さん。カミラ監督の助言で英題が 『The Man from the Sea』だと分かると興奮気味に)Yaeh! It’s very simple name! 最先端の東南アジアのカルチャーに是非ご注目して頂きたいのと、僕の今後にも是非ご注目して頂けたらと思います。本日はお忙しい中お越し頂きありがとうございました。


響きあうアジア 2019「東南アジア映画の巨匠たち」

主催 :独立行政法人国際交流基金アジアセンター

共催 :公益財団法人ユニジャパン、東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)

公式サイト: https://asia2019.jfac.jp