「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM」3作品が欧州、アジアで計6つの映画祭に出品!TCP若手映像クリエイターが海外で活躍!

CCCグループのカルチュア・エンタテインメント株式会社(C・E)と株式会社TSUTAYAが主催する映像企画とクリエイターの発掘プログラム「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM(TCP)」から生まれた作品が、2019年4月以降に世界各国で開催されている映画祭にて大きな注目を集めている。


TCPは、様々なエンタテインメントコンテンツを創り出すクリエイターを発掘し、製作からレンタル・販売までを総合的に支援することを目的に2015年に立ち上がったプログラム。受賞作品を5,000万円以上の総製作費・制作体制でC・EとTSUTAYAがバックアップし、すでに中江和仁監督『嘘を愛する女』(第1回グランプリ)、片桐健滋監督『ルームロンダリング』(第1回準グランプリ)の2作品が劇場公開、さらに今年はヤング ポール監督『ゴーストマスター』(第2回準グランプリ)、箱田優子監督『ブルーアワーにぶっ飛ばす』(第2回審査員特別賞)の2作品が劇場公開を控える。

箱田優子監督『ブルーアワーにぶっ飛ばす』(第2回審査員特別賞)


TCPの最新2作品が日本公開に先駆け、海外の映画祭にて大きな注目を集めている。

国内で10月11日(金)公開の『ブルーアワーにぶっ飛ばす』は香港国際映画祭Young Cinema部門(中国:3月18日~4月1日)、上海国際映画祭 アジア新人部門(中国:6月15日~6月24日)、台北映画祭 国際新人監督部門(台湾:6月27日~7月3日)への出品が決定している。さらにニッポンコネクション ニッポン ヴィジョンズ部門(ドイツ:5月28日~6月2日)では、ニッポン ヴィジョンズ審査員スペシャルメンションを受賞。


また12月6日(金)公開の『ゴーストマスター』は、ブリュッセル・ファンタスティック国際映画祭 アジアン・フィルム部門(ベルギー:4月9日~21日)、プチョンファンタスティック国際映画祭World Fantastic Red section部門(韓国:6月27日~7月11日)、シッチェス映画祭 ミッドナイト・エクストリーム部門(スペイン:10月3日~13日)の3つの映画祭への出品が決定。


加えて、2018年7月に公開された『ルームロンダリング』も、ニッポンコネクション ニッポン シネマ部門(ドイツ:5月28日~6月2日)にて出品。公開より1年近くが経過したが、引き続き作品を評価され、今年も海外の映画祭に呼ばれている。


TCPから誕生した上記の作品は、それぞれの監督たちにとって“長編映画初挑戦”となる作品だが、海外の映画ファンからも高い評価を受け、その完成度に注目が集まっている。昨年の「カメ止め」以降、インデペンデント映画にも大きな注目が集まる。TCP出身の若手映像クリエイターの活躍に注目だ!

ヤングポール監督『ゴーストマスター』(第2回準グランプリ)


片桐健滋監督『ルームロンダリング』(第1回準グランプリ)


TCP2019の企画募集も終了!次に世界に飛び出すのは…

TCP2019年の企画募集が6月12日(水)に締め切られた。今回は「企画」「監督」「脚本」の新たに3部門を設け募集を行い、「企画」部門に262件、「監督」部門に142件、「脚本」部門に218件とそれぞれの部門に多くの企画が届いた。2次審査を通過したファイナリストは、12月に開催が予定されている最終審査会にて企画のプレゼンテーションを行う。


TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM(TCP)公式サイト:http://top.tsite.jp/special/tcp/