浅川梨奈主演の観る者を覆すホラー映画『黒い乙女Q』公開記念舞台挨拶

2019年6月1日(土)シネマート新宿にて映画『黒い乙女Q』の公開記念舞台挨拶が行われ出演者の浅川梨奈、北香那、三津谷葉子、監督・脚本を務めた佐藤佐吉が登壇した。

アイドルグループ(SUPER☆GiRLS)を卒業し女優として活躍する浅川梨奈が主演を務めた本作は養護施設で育った孤児の少女が、裕福で優しい一家に引き取られるが、周囲に隠されている家族のとある“秘密”を知ってしまったことにより、数奇な運命に巻き込まれていく新感覚ジャパニーズホラー。

5月31日(金)から公開の『黒い乙女Q』、8月16日(金)公開の『黒い乙女A』と二部構成で描かれ“今まで誰も見たことがない恐い映画”をテーマに前編Q、後編Aの両方を見ることにより、より恐怖を感じるハイパーリバーサルホラー。

写真左より三津谷葉子、浅川梨奈、北香那、佐藤佐吉


劇中の白いドレスで登場した浅川は「企画を頂いたときに自分の中で好きな世界観の脚本だった」から楽しみでしたと語り、「QとAを合わせた世界観…詳しくは言えないですけど伏線と回収ですかね」とQ&A二部作品への自信を覗かせた。また今年数多くの作品に出演した浅川は佐藤佐吉監督について聞かれ「見た目怖いんですけど自身も俳優業をされている監督なので演技のアドバイスを頂けました」と告白。また共演の北香那についてはテストの段階から全力の演技でぶつかってきてくれるから私も100で返していたら「カメラ回る前に感情が入り、二人で泣いちゃって」と秘話を語った。


“今まで誰も見たことがない恐い映画”に挑戦した監督の佐藤は「徹底的に他の映画のいい所をパクりました」、「ホラー映画が好きで溜まりに溜まった怖いシーンを」と暴露すると司会を務めたプロデューサーの飯塚から「オマージュってやつですよね」とツッコミが入ったが、続けて佐藤は「完璧なパクりでスマホでカメラマンと確認しながら」と繰り返し会場は爆笑につつまれた。浅川は「監督が今日イチの笑いとるのやめてー」と苦笑いした。

QとAで2回に分けて上映する映画を3月末にお話しがあり2週間でシナリオを書き、4月末には撮影して、もうAの編集も終わっているとのことで佐藤は「これ自体がホラーですよ」と司会を務めたプロデューサーの飯塚に苦情を言う場面も。続けて浅川からも「6日間で撮ってGW明けに特報を出して情報解禁し5月31日から公開」って震えました…ホラーだなと振り返り舞台挨拶を終えた。


映画『黒い乙女Q』は好評公開中で映画『黒い乙女A』は2019年8月16日(金)に公開される。

監督の佐藤曰く「Qを観てAを観てさらにQに戻って観たら、さりげないシーンまでも全て恐怖に変わり全部怖くなる」とのこと。





「黒い乙女Q」予告



出演:浅川梨奈

和田聰宏  三津谷葉子  松嶋亮太  しゅはまはるみ

安藤なつ(メイプル超合金) 笹野鈴々音

北香那


脚本・監督:佐藤佐吉

製作総指揮:吉田尚剛

製作:永森裕二

プロデューサー:飯塚達介/向井達矢

ラインプロデューサー:尾関玄

主題歌:「イショロガニム」作詞・作曲:坂本英三 歌:大沼あさひfeat.坂本和弥(AMG MUSIC)

製作•配給:AMGエンタテインメント

制作プロダクション:ラインバック

© 2019AMGエンタテインメント

公式サイト:http://kuroi-otome.com/


映画『黒い乙女Q』は好評公開中

映画『黒い乙女A』は2019年8月16日(金) シネマート新宿・心斎橋にて公開




UNIVERSAL PRESS(ユニバーサルプレス)

UNIVERSAL PRESS(ユニバーサルプレス)は、映画、舞台、出版記念イベント、音楽・ファッションイベント、その他PRイベントを扱う芸能WEBメディアです。