「ニコ☆プチガールズコレクション 2019」プチ㋲卒業式&ランウェイ

2019年4月28日(日)東京・有明TFTホールにて新潮社による女子小学生向けファッション雑誌『ニコ☆プチ』主催のファッションショー「ニコ☆プチガールズコレクション 2019」が開催された。飯豊まりえ、永野芽郁ら人気女優を発掘してきた『ニコ☆プチ』注目のファッションショー。9回目の今年は、9=ナイン=野球にちなんで「センバツオシャレ甲子園」がテーマ。過去最多10,833通の 応募の中から選抜された「小学生約1000人」が、最新ファッションでランウェイを歩いた。

卒業するプチ㋲は11名

写真左より阿部ここは、小林咲葵、山田楓、 琴楓、藤村木音、林芽亜里、田中杏奈、中村紗亜也、聡美、向田桃椛、山内寧々


藤村木音:9歳の頃から憧れていたプチ㋲を今日卒業します。『ニコ☆プチ』では自分が思っていた以上の経験をさせてもらって幸せでした。いつも大切な仲間でありライバルだったプチ㋲のみんな、数えきれない思い出は全部幸せで溢れています。


林芽亜里:このステージからみんなの顔を見ていると4年生の頃から頑張ってきて良かったと思います。みんなありがとう。後輩ちゃんたち、いつも一緒におしゃべりしてくれてありがとう。みんなと一緒にいる時間は本当に楽しかったよ。ここにいる卒㋲と一緒に卒業できて嬉しいです。また、遊ぼうね。たくさんの感謝を忘れずに頑張っていきます。


田中杏奈:私は2年4か月プチ㋲として活動させてもらいました。普通の女の子だった私が、こんなに華やかでキラキラしたステージに立てていることが夢のようです。『ニコ☆プチ』でいろいろな経験をしました。嬉しいこと楽しいことがあるけれど、悔しい思いもありました。でもその経験が私を成長させてくれました。ありがとうの言葉じゃ足りないくらい皆さんには感謝しています。


向田桃椛:私は1年4か月プチ㋲として活動させてもらいました。楽しく毎日が充実していて幸せでした。悩んだこともあったけれど、みんなからブログへのコメント、ファンレターで勇気をもらえたし、頑張ろうと思えるようになりました。これでお別れになるけれど、またみんなと会えるように一生懸命頑張ります。ニコ☆プチモデルとしての活動は私の宝物です。


山内寧々:私は3年4か月ニコプチの専属モデルをやらせてもらいました。最初は芸能事務所にも入ってなくて、お仕事も何もしたことがない普通の女の子だった私が小学4年生のときプチ㋲になれるという奇跡がおこりました。辛いことや悔しいこともあって同期や他のプチ㋲が誌面で活躍している中、自分が活躍できず泣いていたこともありました。でも編集部の皆さん、ヘアメイクさん、スタイリストさん、カメラマンさん、ライターさん、プチ㋲のみんな、家族、ファンのみんなに出会えて幸せでした。これから活躍して誰もが知るモデルになって『ニコ☆プチ』に戻ってくるので見守ってください。



プチ㋲25名によるオープニングALLステージ



阿部ここは、林芽亜里による開会宣言


プチ㋲10名によるジェニィラブのステージ




プチ㋲14名によるブランド服プレゼントタイム前のランウェイ


プチコレ公式サイト:https://www.puchicolle.jp/



関連記事:TSUTAYA×ニコ☆プチ「㋲っと!ニコ☆プチ TV」制作発表記者会見。JS流行語ランキング2018が発表!

https://www.universal-press.com/posts/5444400





UNIVERSAL PRESS(ユニバーサルプレス)

UNIVERSAL PRESS(ユニバーサルプレス)は、映画、舞台、出版記念イベント、音楽・ファッションイベント、その他PRイベントを扱う芸能WEBメディアです。