私立恵比寿中学が登場!「横浜音祭り2019」開催発表記者会見

2019年4月23日(火)都内にて3年に1回、横浜で開催される日本最大級の音楽フェスティバル「横浜音祭り2019」の開催概要発表記者会見が行われ、ゲストとして菅野祐悟 、私立恵比寿中学 、葉加瀬太郎、 林英哲、 村治佳織、 吉藤健太朗が登壇。また、ももいろクローバーZのメンバーによるビデオメッセージも届けられた。

2019年9月15日(日)~11月15日(金)の約2か月間にわたって横浜市内全域を会場として開催され、横浜の「街」そのものを舞台に国内外で活躍するトップアーティストによる公演、子供たちがプロのミュージシャンに学ぶワークショップ、週末ごとに街なかで様々な音楽が 楽しめる参加型ステージなどオールジャンル約300の“音” にまつわるプログラムを展開し、街中が音楽で溢れる62日間となる。私立恵比寿中学のメンバーがイベントについて語った。

写真左より新井鴎子(横浜音祭り2019ディレクター)、私立恵比寿中学(中山莉子、小林歌穂、 柏木ひなた、星名美怜、安本彩花、真山りか)、近藤誠一(横浜アーツフェスティバル実行委員会 委員長)、林文子(横浜市長)、村治佳織(ギタリスト)、林英哲(和太鼓奏者)、葉加瀬太郎(ヴァイオリニスト)、菅野祐悟(作曲家) 、吉藤健太朗(分身ロボット「OriHime」開発者)


安本彩花:日本最大級の音楽フェスティバル『横浜音祭り2019』に参加することが出来て、とても嬉しいです。


真山りか:今年、私立恵比寿中学は結成10周年の節目の年で6月22日には横浜赤レンガ倉庫にてアイドル史上初の単独音楽フェスを開催します。横浜の皆さんと関われて縁を感じています。


星名美怜:私は神奈川県民なので子供の頃から家族で横浜に遊びに来てました。エビ中と横浜には縁があって12枚目のシングル『でかどんでん』のジャケット写真はコスモワールドで撮影したし、「永遠に中学生」制度を宣言したのがクイーンズスクエアで行われたLIVEでした。


柏木ひなた:私たちが参加する『街に広がる音プロジェクト』は私たち以外にも様々なアーティストの方々が参加され横浜の様々な場所で観覧無料のLIVEが行われます。


中山莉子:私たちも横浜のオープンスペースでLIVEを行いますし、英国近衛軍楽隊のパレードもあるので、私達自身も楽しみたいです。


小林歌穂:私たちの先輩、ももいろクローバー姉さんも参加するので、私たちも負けずに横浜を盛り上げて行きたいです。

横浜のイメージについて

葉加瀬太郎:18歳の頃、関西から上京してきて年を重ねても、その頃のイメージで「デートで使える街」。何も予定なくても横浜に来れば、なんとかなる。


星名美怜:私立恵比寿中学は横浜に、お世話になっていて、パシフィコ横浜でLIVEをしたり、番組収録で横浜中華街を散策したりして、遊びも仕事も来ることが多くて、ウキウキしながら美味しいものを食べて大好きな街です。


「横浜音祭り2019」みどころ

1.横浜“発”、横浜“初”。 オリジナルコンテンツを世界に発信

トップアーティストによる新たなチャレンジ、異なる音楽ジャンルのコラボレーションや、 アートや映画など音楽以外の分野との組み合わせなど、創造的なコンテンツを横浜から発信します。


「横浜音祭り2019オープニングコンサート」(9月15日)ではイタリア出身の若きカリスマ、 アンドレア・バッティストーニが、日本で最も歴史の古いオーケストラである東京フィルハーモニー交響楽団を指揮します。


「横浜音祭り2019クロージングコンサート」(11月15日)では葉加瀬太郎とMay J.のコラボレーション企画や、 創立20周年を迎えた横浜シンフォニエッタを中心としたこの日限りの特別編成による極上の一夜を堪能できます。


2.舞台は横浜の「街」そのもの。街じゅうが音楽空間

好きな音楽を、好きな場所で。音楽ホールでの公演だけでなく、横浜の景観を活かした オープンスペースでのコンサートや市民の皆さんに身近な施設でのプログラムを実施します。


日本で初めてパイプオルガンが設置された横浜にある7カ所の個性的なパイプオルガンを 聴き比べながら、街の魅力を体感できるコンサートシリーズ「パイプオルガンと横浜の街」や、 週末を中心に開催される観覧無料のストリートライブイベント「街に広がる音プロジェクト」も楽しむことができます。


3.あらゆる人に音楽の楽しみを。 クリエイティブ・インクルージョン

さまざまな音楽ジャンルを取り込み、国籍、人種、世代、性別や障害の有無を超えて、 あらゆる方々が参加でき、楽しめるフェスティバルを展開します。


今回は初めての試みとして、障害など身体的制約があり外出することができない人の気持ちを伝える 分身ロボット「OriHime」を活用し、その場にいなくても感動を共有できるような環境づくりをします。 音楽フェスティバルでの「OriHime」の活用は「横浜音祭り2019」が初となります。


さらに、視覚障害のあるヴァイオリニストスト・川畠成道と、同じく障害のある演奏家とない演奏家による アンサンブルが、楽譜も何も見えない真っ暗闇の空間で演奏する「ミュージック・イン・ザ・ダーク」(11月2日)も開催します。


4.音楽との出会いが、子供たちを待っている。 クリエイティブ・チルドレン

学校への出張コンサートや、普段なかなか接する機会のないプロアーティストに直接技術を学ぶワークショップなどを 実施し、横浜の未来を担う子供たちの豊かな創造性や感受性を育みます。


ももいろクローバーZをはじめ、さまざまなアーティストの映画・舞台・CDの音楽制作や歌唱指導を行っている 益田トッシュを講師に迎え、横浜市在住・在学の高校生を対象にワークショップを開催し、 「ヨコハマ・ポップス・オーケストラ」(11月1日)の出演者をオーディション選出します。 選ばれた高校生はコンサート当日、ももいろクローバーZと共に、ワークショップの成果を披露します。


5.2020年に向けて、機運を盛り上げる 英国との連携プログラム

横浜市がラグビー・ワールドカップ2019TMにおいて、スコットランドチームの公認チームキャンプ地として 登録され、東京2020オリンピック・パラリンピックにおける英国オリンピック代表チームのホストタウンとして 登録されたことから、横浜音祭り2019でも英国と連携した音楽プログラムを開催します。


世界最大の芸術フェスティバルと言われる英国「エディンバラ・フェスティバル・フリンジ」で注目を集めた 「Anno」が日本初上陸するほか(9月16日)、元町ショッピングストリートにて英国女王陛下近衛軍楽隊によるパレードも開催します(10月14日)。


【横浜音祭り2019 開催概要】

会期:2019年9月15日(日)~11月15日(金) <62日間>

会場:横浜市内全域 (横浜の“街”そのものが舞台)

ジャンル :クラシック、ジャズ、ポップス、日本伝統音楽などオールジャンル

プログラム数:約300

主催:横浜アーツフェスティバル実行委員会

共催:横浜市、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団


後援:観光庁、神奈川県、公益財団法人神奈川芸術文化財団、公益財団法人横浜観光コンベンション・ビューロー、横浜商工会議所、一般社団法人横浜青年会議所、神奈川新聞社、NHK横浜放送局、 tvk(テレビ神奈川)、アール・エフ・ラジオ日本、FMヨコハマ、横浜市ケーブルテレビ協議会


協賛:ナイス株式会社、日産自動車株式会社、三井不動産グループ、三菱地所グループ 、コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社、株式会社JVCケンウッド、スターツグループ、株式会社そごう・西武 そごう横浜店、株式会社髙島屋 横浜店、横浜銀行、イーエムティー株式会社、上野トランステック株式会社、株式会社キタムラ、崎陽軒、クイーンズスクエア横浜、ケン・コーポレーション グループ、株式会社サカタのタネ、J:COM、凸版印刷株式会社、NEC、原鉄道模型博物館、NTT東日本、株式会社ヤマハミュージックジャパン


協力:キリンビール株式会社、京浜急行電鉄株式会社、相鉄グループ、東京急行電鉄株式会社、富士ゼロックス株式会社、横浜信用金庫


横浜音祭り(ヨコオト)公式サイト:https://yokooto.jp/



関連記事:私立恵比寿中学『君は放課後、宙を飛ぶ』Blu-ray&DVD発売記念イベント

https://www.universal-press.com/posts/5288435



UNIVERSAL PRESS(ユニバーサルプレス)

UNIVERSAL PRESS(ユニバーサルプレス)は、映画、舞台、出版記念イベント、音楽・ファッションイベント、その他PRイベントを扱う芸能WEBメディアです。