第32回東京国際映画祭、本日より作品エントリー開始!

10月28日(月)~11月5日(火)に開催する、第32回東京国際映画祭の作品募集が本日より開始。

東京国際映画祭では現在世界の第一線で活躍する多くの監督たちが新人時代に参加する一方、数々の実績のある実力派監督の新作などもプレミア上映してきた。今年も国内外問わず、さらに幅広い多くの作品を募集している。

©2018 TIFF


応募対象となるのは、東京国際映画祭のメイン部門で最高賞の「東京グランプリ」を目指し世界中の作品と競う「コンペティション」部門、長編映画3本目までのアジア新鋭監督の作品をいち早く上映するヤングコンペティション「アジアの未来」部門、海外への飛躍を強く意識した日本映画を紹介する「日本映画スプラッシュ」部門など。


応募詳細は、東京国際映画祭公式サイト、作品応募ページにてご確認ください。

https://www.tiff-jp.net/entry/competition2019/



東京国際映画祭 作品応募について

「コンペティション」部門

映画祭の核となる「コンペティション」部門は、世界各国・地域から集められた作品が、最高賞である「東京グランプリ」を競います。2019年1月以降に完成した長編映画を対象に、世界各国・地域の応募作品の中から、厳正な予備審査を経た16本(予定)の作品を期間中上映します。昨年は109の国と地域から1,829本もの応募がありました。国際的な映画人で構成される審査委員のもと、クロージングセレモニーで各賞が決定されます。


「アジアの未来」部門

“アジア発、世界へ、未来へ!”長編映画3本目までのアジア新鋭監督の作品をいち早く上映するアジア・コンペティション部門。日本から中東まで、いま最も活気に満ちたアジア圏のこれからの映画界をリードする作品を紹介します。最優秀作品には「アジアの未来作品賞」を、さらに文化の違いを超えて国際的に活躍していくことが期待される監督に、「国際交流基金アジアセンター特別賞」が贈られます。


「日本映画スプラッシュ」部門

海外への飛躍を強く意識した部門。活況を呈する日本のインディペンデント映画から、とりわけ個性が強く、独創性とチャレンジ精神に溢れる作品を監督のキャリアを問わず紹介します。出品作品は、海外から招聘する国際映画祭プログラマーやプレス、バイヤーに積極的に紹介され、作品の海外展開を積極的に応援しています。


<応募期間・エントリー料>

早期エントリー2019年4月19日~5月31日:無料

一般エントリー2019年6月1日~7月12日:3,000円


応募に関する詳細は、映画祭公式サイト(https://2019.tiff-jp.net/)をご覧下さい。