『企画』『監督』『脚本』の3部門を新設! TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2019募集開始!

カルチュア・エンタテインメント株式会社と株式会社TSUTAYAが主催する映像企画とクリエイターの発掘プログラム「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2019(以下、TCP)」は、3月7日より本年の募集を開始した。


受賞作品を5,000万円以上の総製作費・制作体制でカルチュア・エンタテインメントとTSUTAYAがバックアップするTCPは、2015年の開催以来、すでに中江和仁監督『嘘を愛する女』(2018年1月公開/第1回グランプリ)、片桐健滋監督『ルームロンダリング』(2018年7月公開/第1回準グランプリ)の全国ロードショーが実現し、2019年にはヤング ポール監督『ゴーストマスター』(第2回準グランプリ)、箱田優子監督『ブルーアワーにぶっ飛ばす』(第2回審査員特別賞)の劇場公開も決定するなど、毎年新たな才能が開花している。


TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM 公式ページ

http://top.tsite.jp/special/tcp/

©2019『ブルーアワーにぶっ飛ばす』製作委員会 ©2019『ゴーストマスター』製作委員会


TCPではこれまでにもプロ・アマチュア問わず、幅広いクリエイターから名作のタネを募集してきた。5年目を迎える今回は、より応募者の適正・専門性に即した方法で企画を募集するため、「企画部門」「監督部門」「脚本部門」の3部門を新設。

※各部門に一企画のみ応募可能。別部門へ同一企画での重複応募はできません。


「企画部門」では、従来通り企画書のみで応募ができ、受賞した企画はTSUTAYAが映像化を行う。


「監督部門」では、企画書と併せて演出が分かる過去作品もしくは、その企画に基づくパイロット映像を提出。受賞者には企画の映像化とその作品の監督として参加ができる。


「脚本部門」では、企画書と併せてその企画に基づく脚本を提出。受賞者は企画の映像化とその作品の脚本家として参加ができる。


応募期間は、3月7日(木)~6月12日(水)。2次審査を通過したファイナリストは、12月に開催が予定されている最終審査会にて、自身の企画のプレゼンテーションを行う。名作誕生の第一歩。自慢の企画をお持ちの方は、TCP2019に応募してみては⁉


また、本年より応募企画のキュレーションを担う「企画マーケット」の開設も決定。企画マーケットとは、企画者と映画プロデューサーや制作会社などの関係者とをマッチングする取り組み。TCP1次審査を通過した優良な映画企画書は、企画マーケットに登録され、おしくも企画が選考から外れた場合でも映像化される幅広いチャンスを創出している。


加えて、3月25日(月)TCP FILM 2019の応募説明会を開催。説明会では今年の募集内容、スケジュールについての説明のほか、昨年のTCP2018最終審査会の模様も公開!また、これまでのTCP受賞者をゲストに招いた、トークイベントも実施。最後には受賞者とTCP事務局との質疑応答の時間も設けている。


TCP FILM 2019 応募説明会

日程:3月25日(月) ※参加無料 先着80名限定! 

時間:19:00~20:00(受付開始 18:30~)※終了時間は予定となります。

場所:渋谷ガーデンタワー9階 CCCカフェ (東京都渋谷区南平台町16-17)

ゲスト:箱田 優子監督(TCP2016受賞者/『ブルーアワーにぶっ飛ばす』)

ヤング ポール監督(TCP2016受賞者/『ゴーストマスター』)

(1)TCP 2019応募に向けた説明

(2)TCP受賞者によるトークイベント

(3)質疑応答

▼申込方法 

下記フォームからエントリー

https://www.tsutaya-ltd.co.jp/tcp/form/contact.php



【TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM】とは

TSUTAYA CREATORS‘ PROGRAMは、「創りたい映画の企画があるがどう実現すれば良いのか分からない」「撮影した作品の提供先がない」といった映画ファンやクリエイターたちのアイデアや希望を形にすることを目的に立ち上がったプログラムです。プロ・アマ問わず募集した企画の中から受賞した作品を映画化するためにTSUTAYAが総製作費・制作体制のバックアップ。

公式サイト:http://top.tsite.jp/special/tcp/

UNIVERSAL PRESS(ユニバーサルプレス)

UNIVERSAL PRESS(ユニバーサルプレス)は、映画、舞台、出版記念イベント、音楽・ファッションイベント、その他PRイベントを扱う芸能WEBメディアです。