清原果耶が登場!第56回「宣伝会議賞」贈賞式

2019年3月7日(木)都内にて日本最大規模の公募広告賞、第56回「宣伝会議賞」贈賞式が行われ同賞のイメージキャラクターを務める女優の清原果耶が登壇し、受賞者に花束を贈呈した。


今年は合計54万8258点の応募作品(コピー・CM)の中から各賞を決定し表彰。入賞作品は、同日に開催する最終審査会にてグランプリを含む主要11点を決定。日本を代表するトップクリエイター100人による、厳正なる審査を経て選ばれた上位作品の中からグランプリが誕生。


見事グランプリに輝いたのは株式会社カクイチのホースを使いたくなるアイデアのキャッチコピーを考えた谷尾裕一郎。コピーが生まれた経緯は「幼少の頃より『ホースの代わりって、ない。』とずっと思っていて、今回、満を持して出しました。評価していただいて嬉しいです」と語った。清原は「今後、広告やCMの世界で活躍されることと思いますので、いつかお仕事で、ご一緒出来れば」とエールを送った。

イベント終了後、清原果耶が囲み取材に応じた。


受賞作のコピーについて

私も日頃から使う言葉を大切にしているけれど、人の目を引くキャッチコピーを考えるのは難しい。その中で皆さんの言葉を見て、人それぞれの個性と目のつけ所がたくさんあって楽しい。


個人的に気になったキャッチコピーは?

伝統的工芸品産業振興協会の課題に寄せられた伊藤美幸さんのコピー「さっそく明日から、一生使うね。」です。親近感というか伝統的工芸品の距離を近くさせるところに心が惹かれました。


清原さんと同年代の学生さんの受賞作を見て感じたことは?

人にわかりやすく伝わるように言葉を選んでいたのが印象に残りました。



<グランプリ>

「ホースの代わりって、ない。」

カクイチ/ホースを使いたくなるアイデア/谷尾 裕一郎さん


<コピーゴールド>

「目立たないぞ精神。」

日本ガイシ/日本ガイシのものづくり魂の化身である「クロコくん」が脚光を浴びるアイデア/三上 智広さん


<CMゴールド>

「知りたい理由」篇

工学院大学/女子高校生が思わず理系を志したくなるようなアイデア/中川 蓉さん


<眞木準賞>

「AIは、まだ、恋を知らない」

工学院大学/女子高校生が思わず理系を志したくなるようなアイデア/森 善彦さん


<中高生部門グランプリ>

「もうイクラ軍艦とはよばせない」

ザ・プロアクティブカンパニー/『ニキビケアはプロアクティブ』とSNSでオススメしたくなるキャッチフレーズ/早川 源さん


第56回宣伝会議賞の受賞作品の発表および贈賞ーYouTubeー


宣伝会議賞とは

1962年に始まり今年56回目を迎える日本最大規模の広告賞。

キヤノンマーケティングジャパン、サントリー、パナソニックなど、日本を代表する70社の実在する商品や企業を課題として、キャッチフレーズやテレビ・ラジオCM企画のアイデアを募集する“誰でも参加できる公募型コンテスト”。これまで糸井重里氏や林真理子氏といった著名な書き手に加え、広告界を牽引する一流クリエイターを多数輩出。長年に渡り“コピーライターの登竜門”として知られている。



公式サイト:https://senden.co/



UNIVERSAL PRESS(ユニバーサルプレス)

UNIVERSAL PRESS(ユニバーサルプレス)は、映画、舞台、出版記念イベント、音楽・ファッションイベント、その他PRイベントを扱う芸能WEBメディアです。