山田杏奈のファースト写真集「PLANET NINE」が好評につき重版!「これからの自信になりました」

山田杏奈のファースト写真集「PLANET NINE」(東京ニュース通信社刊)が重版になり、これを記念したイベントが、3月2日(土)にHMV&BOOKS SHIBUYAにて行われた。

映画「ミスミソウ」やドラマ「幸色のワンルーム」で主演を務めるほか、「ロッテ・ガーナミルクチョコレート」のCMキャラクターとしても話題の若手注目女優・山田杏奈が、18歳の誕生日にファースト写真集を発売。昨年夏にタイのバンコク、パタヤ、ラン島でロケを敢行し、初めての水着撮影にも挑戦。発売の情報が解禁されるとたちまち話題となり、予約の段階から売れ行き好調だったことから、今年1月8日に発売してすぐ重版が決定した。

イベントの前に行われた会見で山田は、「最初に写真集を出すことが決まったとき、買ってもらえるのかなって不安でした。たくさんの人が見てくださった結果、重版がかかって、スタッフさんたちと残した作品が色々な人の目に触れることがすごく嬉しいです」と、サプライズで贈られたお祝いの花束を大事に抱きかかえながら、写真集重版の喜びを噛み締めた。

ファースト写真集の見どころについては、「実際に家でくつろいでるような姿だったり、外に出かけに行く楽しさが見てとれる表情、タイのナイトマーケットで現地や色々な国の人の中にいる私の姿など、この写真集を見ていただくことで、今まで私が18年間何を見て生きてきたかということに触れていただけると思います」と、改めて思いを込めてアピール。実際に周囲の反応も上々だったようで、「自分の素の姿を知っている友達が、『色々な杏奈の表情が見られた』『素の部分も入ってるね』と言ってくれてすごく嬉しかったです。幼馴染も今日のイベントに来てくれるんです」と笑顔を見せた。

さらに、芸能界からも写真集を絶賛する声があがっている。女優・吉田羊は、自身のInstagramに「いちいち可愛くて興奮が止まらない」と写真集を夢中で読みふける姿を投稿。山田は、「羊さんとお仕事をご一緒したのは4年前で、今の(私の)姿はどう思われているのかなと気になっていたので、あのような投稿をしていただけてすごく嬉しかったです。私の写真集を見る羊さんの姿が素敵すぎて、そうコメントをしました」と照れながら感想を。


また、重版を記念し、渋谷駅地下コンコースに現在掲出されているポスターにも、女優・仲里依紗や俳優・神木隆之介をはじめとした、山田に縁のある著名人8人からコメントが寄せられている。会見では、本日のために特別に用意された、ポスターと同じく8人のコメントがデザインされた帯の写真集が勢ぞろい。「今までお仕事でお世話になった方にたくさんコメントを寄せていただいて、本当にありがたいです。普段お仕事をしていて、どのように見られているか、どう思ってくださっているかを知る機会がないので、このように形に残していただけて、これからの自信にもなりました」と、個性的な8パターンの帯を見返しながら感謝の思いを述べた山田。「初めて主演を務めた『ミスミソウ』の内藤(瑛亮)監督の“透明感の暴力”というのが監督らしくてとても好きです」と喜んだ。

早くもセカンド写真集を期待する声も。「もし発売するなら次はどんな写真集にしたいか」という質問に、「今回の写真集は17歳の時に撮影したものがメインで、“子供と大人の間”というのをテーマにした部分もあったので、ファースト写真集との違いとして大人になったところを見せられるような写真集にしたいです。セカンド写真集が出せるように、私自身これからも頑張っていきたいです」と背筋を伸ばした。撮影地については「ヨーロッパに行ってみたいです。今回はタイに行って本当に楽しくて、普段の生活では出せない開放的な面も海外では出せるなと感じました。そういう場所にいる自分を切り取ってもらえたら」とコメントした。

プライベートでも海外に興味が沸いているようで、「『若いうちに行ったほうがいいよ』とたくさん言われるので、一人でも海外に行ってみたいです。定番ですがニューヨークに行きたくて、色々な人がいるところだと思うので、その中に行くことで改めて自分の姿が見えてくると思いますし、他の人がどういうふうに生きているのかなど、人の姿を見に行きたいです。今だからこそ見て吸収出来るものがあると思います」と目を輝かせた。

今年1月に行った写真集の発売会見で山田は、高校卒業後は「女優のお仕事一本でやっていく」と決意を発表。いよいよ今月、高校を卒業するが、「今までは学校に行きながらだったので、すべてをお仕事にというのはなかなか難しかったんですけれど、これからはそれが出来るようになるので、色々な面で今まで以上に仕事に対して真剣に取り組んでいきたいです」と今後の抱負を。


さらに、「もっとずっと先のことだと思っていたので、もう社会人と呼ばれる歳になったんだなと不安も大きいです。今まで以上に自由になることも多いですが、自由になるということはその分責任も伴いますし、そういった自覚を持ちながら、自分が出来ることをもっと広げていきたいです」と胸中を告白。「本当に高校生活が終わってしまう実感がなくて、友達と制服で学校帰りに遊んだりとかもっとすればよかったなって今になって思います」と、高校卒業を間近に控えた等身大の女の子らしい思いも。「来年度はヒロイン作が何作か控えているので、そのプロモーションに向けて今までの学生生活で学んできたことを振り返りながら、新しいことにもどんどん目を向けて頑張ります」と、力強い眼差しで宣言した。

女優としての展望については、「例えば少女漫画が原作作品のヒロインをやったことがないので、そういう役をやってみたいというのはあるんですけれど、今は色々なことをやって吸収していく時期だと思っているので、なんでも挑戦していきたいです」と意欲的に答え、ますますの活躍を期待させた。


この日は、自ら選んだというお気に入りのワンピース姿を披露。「このような場に合ったフォーマルさもありながら、普段私が好きなストリートな雰囲気も合わさっている」とお気に入りのポイントも紹介。写真集のお渡し会などファンとふれあう時間を楽しんだ。

山田杏奈ファースト写真集「PLANET NINE」

定 価:本体2,778円+税

撮 影:細居幸次郎

発売元:東京ニュース通信社