ドラマ「柴公園」第6話の場面写真公開!ヒロインのポチママ役を演じる桜井ユキのポテンシャルの高さ

渋川清彦主演ドラマ「柴公園」がテレビ神奈川ほかで放送中。街の公園で、柴犬連れおっさん3人がダラダラと喋る会話劇。


「柴公園」のヒロイン・ポチママ役を演じる桜井ユキ。ドラマ「モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-」(18/CX)や現在、東海テレビ・フジテレビ系で放送中のドラマ「絶対正義」へ出演するなどブレイク女優のひとりとして注目されている。桜井は、24歳から役者としてキャリアをスタートした遅咲き女優だが、三池崇史監督の「極道大戦争」や園子温監督の「新宿スワン」など日本を代表する巨匠監督に鍛えられ難役を幾度となく経験している。体当たりで臨んだ主演映画「THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY - リミット・オブ・スリーピング ビューティ」(17)では、劇中で17歳から29歳まで演じ、年齢ごとに変化をつけるべくストイックに役作りに励んだという。


園子温監督に師事し、桜井をそばで見続けていた綾部真弥監督は「撮影現場のどんな状況にも動じない集中力を持ち、シリアス、コミカル、セクシー、どんな役を演じても自分の個性を常に発揮できる女優」とポテンシャルの高さを評価する。桜井が本作で演じるポチママは、コミュ障で対人恐怖症という難役。しゃべり好きおっさん3人にどう交わるのか目が離せない。「柴公園」ドラマ版はテレビ神奈川、仙台放送、TOKYO MX、とちテレ、群馬テレビ、テレ玉、チバテレ、KBS京都、サンテレビ、BS12トゥエルビ、メ~テレ、日本海テレビほかで放送中。映画版は6月14日に全国で公開される。


6話ストーリー

さちこパパ(ドロンズ石本)が神社の近くを散歩していると、黒いコートを着た謎の男(蕨野友也)からスマホで写真を盗み撮りされる。この謎の男、最近富士見町をうろついているらしい。一方、あたるパパ(渋川清彦)は、ある歌の曲名が思い出せずにモヤモヤしていた。しかし、スマホで調べるのも癪なので意地でも記憶力で思い出すつもりだ。じっちゃんパパ(大西信満)は、もし自分が曲名を思いだせたら、あたるパパは、ポチママにデートを申しこむのだ!と不思議な決闘を申し込むのだった…。


ドラマ「柴公園」第6話予告


出演:渋川清彦

大西信満 ドロンズ石本 桜井ユキ 水野勝 松本若菜(映画のみ) 蕨野友也(ドラマのみ)

小倉一郎(ドラマのみ) 螢雪次朗(ドラマのみ) 山下真司 寺田農(映画のみ)佐藤二朗


製作総指揮:吉田尚剛

ドラマ版監督:綾部真弥/田口桂

映画版監督:綾部真弥

企画・脚本:永森裕二

プロデューサー:岩淵規

動物トレーナー:ZOO動物プロ

主題歌:岡部力也「カンタンアイテラス」(AMG MUSIC)

制作プロダクション:メディアンド

企画・配給:AMG エンタテインメント

配給協力:イオンエンターテイメント

©2019「柴公園」製作委員会

公式サイト:https://shiba-park.com/


ドラマ「柴公園」 1月10(木)よりテレビ神奈川ほか全国12局以上で放送

映画「柴公園」 6月14日(金)より全国のイオンシネマ・シネマート新宿ほか公開


UNIVERSAL PRESS(ユニバーサルプレス)

UNIVERSAL PRESS(ユニバーサルプレス)は、映画、舞台、出版記念イベント、音楽・ファッションイベント、その他PRイベントを扱う芸能WEBメディアです。