下野紘「声優業界で話題になってます」映画『クロノス・ジョウンターの伝説』第4回秋葉原映画祭2019プレミア上映舞台挨拶

2019年1月12日(土)東京・神田明神ホールにて第4回秋葉原映画祭2019オープニングプレミア上映の映画「クロノス・ジョウンターの伝説」舞台挨拶が行われ、出演者の下野紘、井桁弘恵、監督の蜂須賀健太郎、プロデュサーの大橋孝史が登壇した。またイベントMCは映画コメンテーターの有村昆、声優の福緒唯が務め出演者とのクロストークを交わした。

大ヒット映画「黄泉がえり」や「この胸いっぱいの愛を」で知られるSF小説界の巨匠・梶尾真治の叙情SFの傑作「クロノス・ジョウンターの伝説」を「アリス・イン・ドリームランド」や「サンタクロースがやってきた」など海外との合作映画を手掛けてきた蜂須賀健太郎監督が完全映画化。

主演には、実写映画に初主演する「進撃の巨人」「うたの☆プリンスさまっ♪」などの人気声優・下野紘。ヒロインには、広瀬すず、吉岡里帆などを輩出した「ゼクシィ」11代目CMガールに起用された井桁弘恵を迎えて描かれたタイムトラベルロマンス映画。


声優なので舞台挨拶に不慣れだと言う下野は「普段はアニメーションや海外の作品に声をあてる仕事をしているので、実写映画は責任重大でプレッシャーです」と苦笑い。撮影は5日間で、しかも声優としての仕事もこなしつつだったので「タイトなスケジュールでした・・・」と振り返り、でも周りのスタッフが一丸となって作った作品なので「密の濃い内容になってます」と自信を覗かせた。

映画については「声優業界で話題になってます」と語り、たくさんの方に映画を鑑賞して欲しいとのこと。


井桁は監督やプロデュサーとヒロイン像について話し合いをしたとのことで「表情だったり笑顔だったり仕草をどうすれば観てる方に守りたいって思われるか考えました」と告白。クロノスに乗ってタイムトラベルするシーンは「想像をフルにしてお芝居しました」と笑顔を見せた。


映画『クロノス・ジョウンターの伝説』は2019年4月全国順次ロードショー



【下野紘初主演作品】映画「クロノス・ジョウンターの伝説」

ストーリー

住島重工の開発部門・Pフレックに勤めている吹原和彦(下野紘)は、通勤時に通りかかる花屋で働く蕗来美子(井桁弘恵)に想いを寄せていた。一方、会社では、時間軸圧縮理論を採用し、物質を過去に送ることの出来る放出機『クロノス・ジョウンター』の開発に成功した。そんなある日、突然の事故で、来美子を失ってしまう。クロノス・ジョウンターに乗り込み、来美子を救う為、過去に戻る和彦だったが、クロノス・ジョウンターには重大な欠点がある事が隠されていた…


原作:梶尾真治『クロノス・ジョウンターの伝説』(徳間文庫)

出演:下野紘、井桁弘恵、尾崎右宗、岩戸秀年、五十嵐健人、寺浦麻貴/赤山健太

監督:蜂須賀健太郎

企画・プロデュース:大橋孝史

製作:ハピネット パル企画 

制作プロダクション:モバコン 

配給:パル企画

(C)梶尾真治/徳間書店・映画「クロノス・ジョウンターの伝説」製作委員会

公式サイト:https://www.chronos-jaunter.com/


映画『クロノス・ジョウンターの伝説』は2019年4月全国順次ロードショー