11代目ゼクシィCMガール井桁弘恵が『ゼクシィ』表紙に初登場!理想はハワイと地元・福岡での2回挙式!躍進の1年を振り返る!

『ゼクシィ』2月号(2018年12月22日発売※一部地域を除く)の表紙に、11代目ゼクシィCMガールの井桁弘恵が初登場。2018年はドラマにCMに活動の幅を広げ、躍進の年になった。そんな井桁が今回初めて『ゼクシィ』の表紙を飾るにあたり、1年を振り返った。


結婚式はハワイと地元・福岡の2回が理想! 結婚観の変化も

インタビューで結婚観の変化について聞かれると、「『ゼクシィ』CMガールに就任してから、より結婚式について考えるようになりました」とのこと。「欲を言えばハワイでやりたい! 気候もいいし、景色がどこでもキレイなので。でも、地元・福岡で家族や身近な人、一人一人とお話できる距離感でもやりたい。2回式を挙げたいです(笑)」とお茶目に答えてくれました。また、理想のプロポーズについても変化があり、「今までは家でサラッとが良いかなって思っていたけど、最近はいつもよりオシャレをしたデートの帰り道に、夜景が見える場所でロマンチックに言われたいです」と胸の内を語ってくれました。


サンタさんに苦情!? クリスマスのほろ苦い思い出も

井桁さん表紙号が発売される時期にちなみ、クリスマスの思い出を聞いてみると、「一番記憶に残っているのは、サンタさんに苦情を言ったことです(笑)。小さいころ、サンタさんにゲームをお願いしていたのですが、翌朝プレゼントを開けてみると脳トレのゲームソフトでした。ショックのあまり窓を開けて、『サンタさーん! プレゼント間違えてますよー!』と叫んだので、両親がびっくりしていました」とクリスマスのかわいらしい、ほろ苦いエピソードを語ってくださいました。


2018年は『ゼクシィ』CMガール抜擢で躍進!

来年の目標は?井桁さんに今年を振り返っての感想をうかがうと、「2018年は『ゼクシィ』CMガールに選んでいただき、そのおかげでたくさんの仕事もいただけて、飛躍の年なりました。今回は『ゼクシィ』の表紙を飾らせていただくことになり、責任感で身が引き締まる思いです」とのお答えが。 2019年の目標については、「2018年の勢いのまま、成長していきたい。まずは無事に大学を卒業すること。自分自身を高める趣味を見つけたり、手芸にも挑戦してみたいです」と抱負を語ってくださいました。


井桁 弘恵(ゼクシィ11代目CMガール)

1997年2月3日生まれ 福岡県出身

映画「ひだまりが聴こえる」2017年6月公開

映画「4月の君、スピカ。」2019年春全国劇場公開予定

その他多数のCM出演


付録

ミッキー&ミニー指輪型・印鑑ケース3点セット

ふたりの印鑑を2本収納できる、指輪型印鑑ケース

ハートの捺印マットとベロアポーチも付いた3点セット


公式サイト:https://zexy.net/


UNIVERSAL PRESS(ユニバーサルプレス)

UNIVERSAL PRESS(ユニバーサルプレス)は、映画、舞台、出版記念イベント、音楽・ファッションイベント、その他PRイベントを扱う芸能WEBメディアです。