JRA 「有馬・ザ・チャンス」PRイベント。2018年ブレイク女優の今田美桜とキャイ~ンの二人が登場し、平成の有馬記念を振り返る!

12月17日(月)JRA日本中央競馬会は、12月23日(祝・日)に中山競馬場で開催されるGⅠレース第63回有馬記念のPRイベントを開催し、ゲストに“福岡で一番かわいい”と評され人気沸騰中の今田美桜と、キャイ~ンの二人が登場した。

ステージでは、今田美桜とキャイ~ンの二人による「うまポン」のお披露目や、勝負服(ジョッキー姿)風の衣装に身を包んだ今田美桜には「馬ロボ」の騎乗を体験。また、“平成最後の有馬記念”にちなんで、これまで多くのファンを熱狂させた平成の有馬記念の名レースを、その当時のゲストのお写真を見ながら振り返った。サッカー日本代表が初めてワールドカップ出場を決めた平成9年は、今田美桜が生まれた年でもあり、その当時の写真を披露。この年の有馬記念の優勝馬は「シルクジャスティス」。また、「ゼンノロブロイ」が優勝した平成16年、今田美桜は7歳、小学生になったばかりの頃の写真を披露した。キャイ~ンの二人がそれぞれの目線で本を出版した平成23年、有馬記念を制したのは「オルフェーヴル」。競馬ファンの天野ひろゆきは当時の様子について、今田美桜、ウド鈴木が驚くほど熱く語っていました。集まった報道陣の中にも、当時を懐かしみながら頷く人も多く見られた。


さらに、今田美桜とウド鈴木には「ディープインパクト」が優勝した平成18年の有馬記念の映像に合わせたレース実況にもチャレンジ。レース実況に初挑戦の今田美桜は、慣れないながらもさすが女優!という実況ぶりでディープインパクト優勝のシーンを盛り上げ拍手喝采となった。一方、ウド鈴木はカンペ無しでの挑戦に。アドリブ満載で、想像を上回る“迷”実況を披露し、こちらも会場を沸かした。最後はゲストそれぞれが、平成最後の有馬記念の注目馬を紹介。今田美桜は「ミッキーロケット」と発表し、「完全に名前で選んでしまいましたが、ロケットって速そうだし応援したいです。」とエールを送った。また、ウドは武豊が騎乗する「オジュウチョウサン」、天野は秋の天皇賞も勝っている「レイデオロ」と発表し、間近に迫る有馬記念の魅力を語った。


JRA 「有馬・ザ・チャンス」特設サイト:https://umabi.jp/arima-the-chance2018/