小倉優香ほか出演者が忍者服で登場!映画『レッド・ブレイド』初日舞台挨拶

12月15日(土)シネマート新宿にて映画『レッド・ブレイド』の初日舞台挨拶が行われ、出演者の小倉優香、搗宮姫奈、花影香音、岩永ジョーイ、美音咲月、坂口拓、原案者で映画監督の園子温が登壇した。

主演は“リアル峰不二子”と絶賛されるスタイルでグラビア界を席巻する小倉優香。その小倉扮する主人公・マコが時空を越え伊賀忍者の世界にタイムスリップし、戦いに巻き込まれていく物語。

総合演出で出演者の坂口拓を中心に極限まで鍛えぬかれた殺陣などのアクションシーンをふんだんに取り入れた、日本最高峰のアクションチームが描く忍術エンターテインメントとなっている。

映画初主演の感想を聞かれ小倉は「撮影が過酷だったけれど、こうして形になって多くの方に届けられて感動しています」と初々しく答えた。アクション映画主演の話を聞いたときは「ずっとダンスをしていたので、アクションもできるなと思っていたけれど、現場へ行ったら全然できなくてショックを受けて、そこから一生懸命練習しました」と苦笑い。


小倉は総合演出の坂口に「ダメ、良い、小鹿みたい」と簡易なアドバイスを受けたが「走るシーンはダメでカットされました」と裏話を披露した。坂口は「編集という忍術をつかいました」と振り返り、でも「みんな難しい技を体得してくれて、それが映像に出てるので良かった」と感動したご様子。岩永は映画『TOKYO TRIBE』で一緒だった坂口と「もっとスクリーンで戦っていたかった」と言い、それに対し坂口は「ジョーイはポテンシャルが高いよ」と褒める場面も。


映画の原案は園と坂口が4年前に、お酒を飲んでいるとき、その場の雰囲気で「よし今から原案を書こう」となって、いつか映画化されればいいねというつもりで書いたら、それが実現してビックリしたとのこと。坂口と作品を作ると残酷で血が多めの映画になるので、「今回は子供が観ても楽しめるファンタジーで行こう!」と本作の原案を書き上げた秘話を語った。


映画『レッド・ブレイド』はシネマート新宿ほかで公開中。



ストーリー

いじめられっ子の高校生・マコ(小倉優香)は、この世界に嫌けが差していた。学校の図書室で忍者の児童書「雷風刃」を読むことが唯一心安らぐ瞬間で、巨大な悪に立ち向かう忍者たちに憧れていた。ある夜、下校途中のマコの前に「雷風刃」の忍者・ヒロ(搗宮姫奈)とユウ(花影香音)が現れる。時空を切り裂き、導かれるようにタイムスリップした先に待っていたのは伊賀の世界。伝説の忍者・才蔵(TAK∴)指南のもと、強さを求めマコの忍者修行が始まる。ところが、マコと同様に、「雷風刃」の悪人・原田勘助(岩永ジョーイ)が現実世界に出現してしまい・・・。



映画「レッド・ブレイド」予告-YouTube



出演:小倉優香

搗宮姫奈  花影香音  岩永ジョーイ  美音咲月  徳江かな  咲村良子   榊英雄  TAK∴ (坂口拓)


原案:園子温

総合演出:坂口拓

監督:石原貴洋

脚本:龍一朗

オープニングアクション監督:下村勇二 TAK∴ 稲川義貴(トリプルクラウン)

アクション監督:坂口茉琴

アクション監修:匠馬敏郎

主題歌:『moi-même』(AMG MUSIC)

制作プロダクション:ステアウェイ

配給:AMG エンタテインメント

協力:アミューズメントメディア総合学院

製作:「レッド・ブレイド」製作委員会

(C)2018「レッド・ブレイド」製作委員会

公式サイト:http://redblade-movie.com/


映画『レッド・ブレイド』はシネマート新宿ほかにて公開中