小澤廉がパンチ頭で登壇!映画『新宿パンチ』初日舞台挨拶

12月1日(土)シネマート新宿にて映画『新宿パンチ』の初日舞台挨拶が行われ、出演者の小澤廉、吉倉あおい、毎熊克哉、財田ありさ、矢柴俊博、監督の城定秀夫が登壇した。

新宿・歌舞伎町を舞台に繰り広げられる、男たちの熾烈なスカウト戦争を描いた作品で、主演の小澤廉は2.5次元ミュージカルに多数出演しネクストブレイク筆頭の逸材と言われている。その小澤廉がパンチ頭で童貞、フラれた女は100人のスペック最低男。はたして新宿・歌舞伎町で一発大逆転できるのか?スカウトマンたちのリアルな実態を鋭く描いた、成り上がりエンターテインメント。

本作が初単独主演映画となる小澤は「皆さんのおかげで主演を務めることができました。そんな皆様に新宿パンチを届けられて嬉しいです」とコメント。パンチ頭で童貞の役について小澤は「情報過多って感じです」、「役がパンチ効いてるなぁ(笑)」と感じたそう。バッティングセンターで荒ぶるシーンで監督に煽られたのが思い出に残っているのだそうで、監督が別のインタビューで「道場方正は小澤廉だから出来た役」との記事を読んで嬉しかったとのこと。毎熊とは映画で一緒になる時間が短かったそうで、「撮影中より今日楽屋で話していた時間の方が多いのでは?」と裏話を披露。毎熊は台本を読んで悪い役だと感じたが「悪いことは映画の中でしか出来ないので」と現実では出来ないことを映画の中で楽しもうと演じたことを振り返った。


毎熊と吉倉の高身長に挟まれた小澤は吉倉に「今日身長高くない?」、「晴れ舞台の日に僕を下げるの」とドレスなのでヒールを履いている吉倉に一言。一緒に逃げるシーンで脚の長い吉倉が「僕より速くて追い越すんですよ」と苦情を言う場面も。撮影最終日に吉倉と一緒になった矢柴は小澤と「吉倉すごい美人だな」と男同士のパンチの効いた会話をしたことを告白し、会場を沸かせた。

映画『新宿パンチ』は2018年12月1日(土)よりシネマート新宿ほかで公開中。


12/1公開「新宿パンチ」予告


【ストーリー】

童貞でパンチ。歌舞伎町へやってきた。

パンチ頭、22歳、童貞、フラれた女は100人とスペック最低の女好き・道場方正(小澤廉)は、人生大逆転を決意し新宿・歌舞伎町へやって来る。女漁りに勤しむ中、ガール ズバーで働くルミ(吉倉あおい)に出会い一目ぼれ。店の黒服・タカシ(毎熊克哉)に暴力を受けていると知り、ルミの再就職先を探し始める。ひょんなことから、スカウトマンの玄(宮崎秋人)と出会い、スカウト会社新宿ドラグーンの社員に。女性たちに声を掛けては水商売、風俗の仕事を斡旋し紹介料を手に入れる方正。ある日、紹介した女性が相次いで引き抜かれるトラブルが発生し…。同業者との抗争、苛烈な暴力による圧力。危険に満ちた歌舞伎町でスカウト戦争が勃発する。



出演:小澤廉

吉倉あおい  毎熊克哉  宮崎秋人  鈴木隆仁  矢柴俊博

監督:城定秀夫

脚本:永森裕二/城定秀夫

制作プロダクション:レオーネ

企画・配給:AMGエンタテインメント

製作:「新宿パンチ」製作委員会

(C)2018「新宿パンチ」製作委員会

公式HP:http://shinjuku-punch.com/

映画『新宿パンチ』は2018年12月1日(土)よりシネマート新宿ほかで公開中


UNIVERSAL PRESS(ユニバーサルプレス)

UNIVERSAL PRESS(ユニバーサルプレス)は、映画、舞台、出版記念イベント、音楽・ファッションイベント、その他PRイベントを扱う芸能WEBメディアです。