バディを流司と続けて行ければ・・・映画『ダブルドライブ ~狼の掟~』初日舞台挨拶

8月25日、シネマート新宿にて映画『ダブルドライブ ~狼の掟~』の初日舞台挨拶が行われ出演者の藤田玲、佐藤流司、小宮有紗、波岡一喜が登壇した。

映画『ダブルドライブ』はヤンキー映画『ガチバン』シリーズで窪田正孝、裏社会映画『闇金ドッグス』シリーズで山田裕貴を輩出した製作 陣が新たに放つ、車が紡ぐ流れ者たちの生き様を描いたクライム・カーアクション。2.5 次元系舞台などで活躍する藤田玲と佐藤流司がW主演を務め、アウトロー役を好演。主題歌は、藤田玲、率いるロックバンド【DUSTZ】の「BORDERLINE -A side-」が起用されて いる。

舞台挨拶

ーーーボーダーラインからダブルドライブという新たなシリーズを迎えてどうですか?ーーー

藤田玲:アベルという役をもう一度、演じられて幸せです。バディを流司と続けて行ければいいなと思います。


ーーー運転するシーンもありましたがーーー

藤田玲:前作では運転するシーンをしているふうに撮っていたりもしたのですが今作では自分でGT-Rを運転して楽しかったですね。


ーーーバディが佐藤流司さんになった感想をーーー

藤田玲:映画を観てわかるんですが流司くんすごい弱い役なんですよ(笑)。そんな流司が見れて嬉しかったです。ミュージカル業界では強い役が多いので。


ーーー佐藤さん現場のご感想をーーー

佐藤流司:弱いキャラでどっちつかずの男でいろんな演じ方があり自由にやれてよかったです。


ーーー撮影中のエピソードをーーー

佐藤流司:毎日撮影終わりに玲くんのマネージャーさんの車で玲くんと二人でお酒を飲んで帰っていました。

藤田玲:撮影がハードだったからマネージャーさんに申し訳ないけど二人で後ろで宴会してました。流司が糖質制限でスルメを喰うんですよ。マネージャーの車めっちゃスルメ臭くなって(笑)


ーーー紅一点の小宮さんご感想はーーー

小宮有紗:見た目は派手だけど芯の強い女の子なのでブレないようにお芝居をしました。


ーーー先日の取材ですごい車好きだと聞いたのですがーーー

小宮有紗:車と言うよりGT-Rが好きで、私の父親が乗っていたので憧れていました。父親が喜んでいました。私が免許とれたら青のGT-R R34に乗りたいです。


ーーー波岡さん闇金ドックスからのキャラクターが作品をまたいでご出演したのですが、どうでしたか?ーーー

波岡一喜:作品またぎはなかなかないので嬉しかったけど闇金ドックスでは坊主だったんですよ。それが今回は、めっちゃロングやったんですよ。撮影1日だったんですけど俺、映画に出てました?

会場:(笑)


ーーー最後にご挨拶をーーー

藤田玲:ボーダーラインがシリーズゼロになり、ダブルドライブで流司と二人のストーリーが始まります。~龍の絆~では流司がイケメンですのでご期待ください。このシリーズが続くように僕も舞台挨拶で流司と手を繋げるように頑張ります。



<ストーリー>

過去に家族同然の仲間たちを次々と残虐したヤクザの広澤を殺してしまった我妻アベル(藤田玲)は、他に頼る当てもなく、少年 院時代に世話になった兄貴分の村上大児(駒木根隆介)の元を訪れた。大児は「サガミ連合」という名の愚連隊を率いており、そ のメンバーの一人、五十嵐純也(佐藤流司)と出合ったアベルは、お互い車好きな事もあって意気投合する。ある日、大麻の取引 に失敗した純矢はペナルティとして多額の借金を背負い闇金に手を染める羽目に。闇金会社社長・塩田(波岡一喜)の苛烈な取 立てに苦しむ純也、一方で、兄を殺され復讐を誓う広澤の弟・狂介はアベルの行方を追っていて…。


映画「ダブルドライブ ~狼の掟~」本予告




出演:藤田玲   小宮有紗  駒木根隆介  野中隆光  小國彰裕  波岡一喜  / 佐藤流司

監督:元木隆史

脚本:池谷雅夫

企画・配給:AMG エンタテインメント

製作:「ダブルドライブ ~狼の掟&龍の絆~」製作委員会

公式サイト:http://doubledrive-movie.com/

(C)2018「ダブルドライブ ~狼の掟&龍の絆~」製作委員会


映画『ダブルドライブ ~狼の掟~』は 2018年8月25日(土)よりシネマート新宿・心斎橋にて公開中

続編 映画『ダブルドライブ ~龍の絆~』は 2018年9月22日(土)より公開


UNIVERSAL PRESS(ユニバーサルプレス)

UNIVERSAL PRESS(ユニバーサルプレス)は、映画、舞台、出版記念イベント、音楽・ファッションイベント、その他PRイベントを扱う芸能WEBメディアです。