国民的美少女の高橋ひかるがJTBグループWEB PR大使に就任!

7月9日(月)都内にてJTBグループのイメージキャラクター発表会が行われ、女優で全日本国民的美少女コンテスト出身の高橋ひかるがJTBグループWEB PR大使に就任した。

発表会の冒頭で、株式会社JTB 代表取締役社長 高橋広行が「10~20代の若い世代をメインターゲットとした、新たな価値提供に向けた経営改革の一環として、SNSを中心にWEB強化に取り組んでいきます。」と、JTBの戦略を説明。「今後は若い“インスタ世代”の方々にもより情報を届けられるよう、SNSを積極的に活用していきます。高橋ひかるさんをはじめ、WEBを盛り上げられたら。」と、これからの旅行をJTBがどうサポートするか語った。

高橋ひかるがJTBのイメージカラーである真っ赤なドレス姿で登場し、高橋社長から「是非、JTBを盛り上げてください。」と、新しくWEBのPR大使として任命された。 高橋ひかるは「ありがとうございます!10代代表として、精一杯頑張ります!」と気合十分な様子。“WEB PR大使“と書かれた襷を掛けられると「なかなか10代の子たちは旅行に行く機会がないと聞きました。パスポートを取得していない人もいるらしく・・。旅行は人生をも変える素晴らしいものだということを、10代にとって身近なSNSを活用して伝えていきたいです!そして、旅行に行く若い世代が増えてほしいです。」と、早くも旅行の魅力について会場にアピール。


JTBグループのWEB PR大使の最初の仕事として、「JTBで旅したいinstagram投稿キャンペーン」の手本を見せることとなった高橋ひかるは、“#JTBで旅したい”にかけて、自身が行った旅行で忘れならない景色、出雲大社を投稿。「私は旅行先で食べることが大好きなのですが、旅行先で食べたアナゴのしゃぶしゃぶは本当に凄かったんです!」と記念すべき最初の仕事を笑顔でこなした。


スペシャルサポーターの石出奈々子を迎えたトークセッションでは、「石出さんと女の子がしたい旅を詰め込んだ旅行をして楽しかった!旅での一日が終わる瞬間がとても好きなんです。なんか泣けてきちゃうんですよね(笑)」と旅の醍醐味を恥ずかしげに語りました。 この夏旅行で行きたい国を聞かれた高橋ひかるは、「海外に行ったことがないので、行ってみたいです!国内ならば北海道で美味しいモノを食べたいですね!涼しそうだから樹海もいいかも・・(笑)」と答え、理想的な旅行の妄想ににっこり。

最後には「JTBを通じて、旅行に興味がある人はもちろん、旅をしたことが無い人にも旅の魅力を伝えられるよう、全力でWEB PR活動をしていきます!」と改めてJTBグループWEB PR大使として意気込みを語り、イベントを締めくくった。


囲み取材

ーーーJTBのWEB PR大使に就任しての感想は?ーーー

高橋ひかる:ネットやSNSが身近にある若い世代は旅行にあまり行けていないと思うので、 私が旅行をして色々な場所の魅力を知り、その魅力を発信してたくさんの方々に知ってもらえたら嬉しいです。


ーーー夏休みに行きたいところは?ーーー

高橋ひかる:夏なので沖縄とか海に行きたいですね。後は、涼しいパワーをもらえそうな屋久島とかに行ってみたいです!女子はパワースポット好きなんですよ。私も家族でよくパワースポットへ行くのですが、関東ではまだ行ったことがないので関東のパワースポットもいってみたいです。


ーーーこれから行きたいところは?ーーー

石出奈々子:スウェーデンのストックホルムは、魔女の宅急便の舞台なので、そこに行って空を飛んでみたいです(笑)やっぱり、私はジブリ関係の場所に行ってみたいです!


ーーー最後に一言ーーー

高橋ひかる:旅が大好きな人はもちろん、旅をしたことがない人にも旅の魅力を知っていただけるように、インスタグラムやブログといったSNSを使って紹介していきたいと思います!旅をするならJTBで!

UNIVERSAL PRESS(ユニバーサルプレス)

UNIVERSAL PRESS(ユニバーサルプレス)は、映画、舞台、出版記念イベント、音楽・ファッションイベント、その他PRイベントを扱う芸能WEBメディアです。