「少女☆歌劇 レヴュースタァライト プロジェクト大発表会」

6月25日都内にて「少女☆歌劇 レヴュースタァライト プロジェクト大発表会」が行われ出演者の小山百代(愛城華恋 役)、三森すずこ(神楽ひかり 役)、富田麻帆(天堂真矢 役)、佐藤日向(星見純那 役)、岩田陽葵(露崎まひる 役)、小泉萌香(大場なな 役)、相羽あいな(西條クロディーヌ 役)、生田輝(石動双葉 役)、伊藤彩沙(花柳香子 役)、スマートフォン向けゲームアプリに出演の野本ほたる、司会の岩井勇気(ハライチ)が登壇した。

ミュージカルとアニメーションで紡ぐ二層展開式少女歌劇と銘打ち、双方を同じキャストが演じるというコンセプトのもと、昨年9月にプロジェクト第一弾となるミュージカル公演を開催。キャストたちの全身全霊の歌、ダンス、殺陣によるパフォーマンスが話題を呼び、今年1月に早くも再演。そして7月12日(木)にはTBSほかにてTVアニメの放送がスタート。10月13日(土)~21日(日)天王洲 銀河劇場の新作公演、そしてスマートフォン向けゲームアプリのリリースが発表された。

舞台を原点とし、後からアニメやゲームへと展開するという今までにないコンテンツとなっている。


コメント

伊藤彩沙:私が京都出身なのでネイティブ京都弁を初めて披露できる役で嬉しいです。はんなりしているけれど、戦闘になると「したたか」で小悪魔な部分も出ます。


生田輝:私は舞台の方で活動してきて声優は初めてなんですけど、先に舞台があったのでアフレコのときのキャラ作りは(舞台のみんながいたから)リラックスして出来たのかなと思います。


相羽あいな:フランスと日本のハーフの役なのでアニメでもフランス語が出て来て、しかもメルシーとかボンジュールとかメジャーなのではなく、ガチのフランス語なのでアフレコで苦戦しました。


小泉萌香:舞台で不思議なセリフを言っていたのですが、アニメで後々セリフの伏線が回収されるので注目していただけたら。舞台まだの方はBlu-rayで(笑)


岩田陽葵:私もアニメのアフレコ初めてなのですが舞台で演じてきた表現とアニメは違うので日々苦戦というか挑戦しています。アニメの内に秘めてる情熱をお客さんに届けられるように頑張りたいです。


佐藤日向:私と役の星見純那は共通点があると感じていて、元から才能が溢れているのではなく努力をして、みんなにくっついていこうと頑張っているので、私自身も才能というより努力を頑張ろうと思うタイプなので・・・


富田麻帆:学年主席であり何でも出来て尊敬される役なので、天堂真矢が演じきれるかとてもプレッシャーがありました。天堂真矢は一番フルネームを呼ばれる役なので覚えやすいのではないかな。アニメでは何回呼ばれるのかカウントしていただければ(笑)


三森すずこ:謎多きキャラでミステリアスな役だけれど衣裳(レヴュー服)に白いクマが付いていたりと幼い部分もあって世話がやけるところもアニメでは見れるのでは?


小山百代:愛城華恋は明るく元気で太陽みたいな存在なのですが舞台少女9人いて、劇中劇の「スタァライト」は8人しかキャスティングされないときに私が抜ければいいのかな・・・なんて舞台上で言っちゃう役で、戦闘態勢というより、みんなと一緒に輝きたいと思っている女の子です。私自身は華恋と性格似ていないんですが共通点を見つけていて、、華恋は幼いころに「スタァライト」を観て舞台少女になりたいと思い、私も保育園の頃に観たミュージカルに感銘を受けて舞台少女になりたいと思ったんです。



TVアニメ「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」

TBSほかにて7月12日より放送


舞台新作公演-The LIVE-#2 Transition

2018年10月13日(土)~21日(日)

天王洲 銀河劇場にて


スマートフォン向けゲームアプリ「少女☆歌劇 レヴュースタァライト -Re LIVE-」事前登録受付中!

https://revuestarlight.bushimo.jp/


「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」公式ホームページ:https://revuestarlight.com/

UNIVERSAL PRESS(ユニバーサルプレス)

UNIVERSAL PRESS(ユニバーサルプレス)は、映画、舞台、出版記念イベント、音楽・ファッションイベント、その他PRイベントを扱う芸能WEBメディアです。