映画『ゼニガタ』ボイメンきっての演技派・田中俊介の動画インタビュー&新場面写真解禁!

東海エリアを中心に、音楽・ダンス・舞台と幅広いジャンルを手掛け、全国で活躍中のボイメンこと「BOYS AND MEN」。10名で構成されたグループの中で俳優として注目されるのが田中俊介だ。ここ数年はオファーが引きも切らず、映 画にドラマにと出演作が相次いでいる。

そんな田中が、大ヒットドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」、「奪い愛、冬」で注目を集めた大谷亮平が初主演を務める 映画『ゼニガタ』で闇金業を志す元殺人ボクサー役を好演している。

表向きは居酒屋経営者、しかし裏では10日で3割の超暴利で金を貸しつけ苛烈な取り立てで債務者を追い 込む闇金屋・銭形富男を主人公に、金と欲望に翻弄される人々の転落を描く物語。客はパンチ一発1万円で用心棒を請 け負う元ボクサー、地方でくすぶるキャバクラ嬢や半グレ、ヤクザなど、銭の魔力に取り付かれたアウトローな連中たち。 返せるあてのない借金を抱え、最後の手段として居酒屋「銭形」を訪れた人々の運命を描く“闇金”ピカレスク・ムービー。

田中は、パンチ一発1万円で用心棒を請け負う元ボクサーで、客として大谷亮平扮する銭形富男が経営する居酒屋 「銭形」を訪れ、闇金業を志願する剣持八雲役で出演。田中といえば、ダークなボーイズラブを描いた衝撃作『ダブルミン ツ』の同性愛者・市川光央役や『HiGH&LOW THE MOVIE 2/END OF SKY』で「達磨一家」の構成員・雷太役など異色の 難役からド派手なアクションまで多岐にわたるジャンルの様々な役柄に挑戦している。

映画『ゼニガタ』では、試合中に誤って人を殺してしまった過去に負い目を感じている元ボクサー役。田中は、役柄について「どう せ俺なんてと劣等感を抱えている男。僕自身が経験してきた失敗やマイナスな気持ちを引っ張りたい」と語る。さらに、 「何かしら抱えている登場人物が闘っている姿を観て貰いたい」と見所をアピール。尾張の若武者がどう飛躍するのか期 待が高まる作品になっている。


「ゼニガタ」田中俊介インタビュー


<ストーリー>

その居酒屋は、深夜0時から金貸しになる。

錆びついた漁船が停泊するひなびた漁港。路地裏の一角でひっそり営む居酒屋「銭形」。店主 は銭形兄弟の富男(大谷亮平)と静香(小林且弥)。表向きは居酒屋だが、深夜0時から闇金「ゼ ニガタ」に変わる。トサン(10日で3割)という違法な高金利で金を貸し苛烈な取立てで債務者を 追い込むのが銭形兄弟のスタイル。ある日、ボクサー崩れの男・八雲(田中俊介)が「銭形」に入 れてくれと申し出てきて…。




映画『ゼニガタ』は 5 月 26 日(土)シネマート新宿ほか全国ロードショー


出演:大谷 亮平

小林 且弥 佐津川愛美 田中 俊介 玉城 裕規

岩谷 健司 松浦 祐也 八木アリサ えんどぅ 土田 拓海 吉原 雅斗

安達 祐実  升 毅  渋川 清彦


監督:綾部真弥

脚本:永森裕二

配給:AMGエンタテインメント、スターキャット

制作プロダクション:メディアン ド

(C) 2018「ゼニガタ」製作委員会

公式HP:http://zenigata-movie.com/

UNIVERSAL PRESS(ユニバーサルプレス)

UNIVERSAL PRESS(ユニバーサルプレス)は、映画、舞台、出版記念イベント、音楽・ファッションイベント、その他PRイベントを扱う芸能WEBメディアです。