映画『三十路女はロマンチックな夢を見るか?』初日舞台挨拶

3月31日(土)シネ・リーブル池袋にて映画『三十路女はロマンチックな夢を見るか?』の初日舞台挨拶が行われ出演者の武田梨奈、久保田悠来、酒井美紀、秋吉織栄、主題歌を担当したJulietの2人、監督の山岸謙太郎が登壇した。


ストーリー

彼氏なし、仕事は単調、あと数日で20代が終わる那奈(武田梨奈)は、親友が寿退社をすることを社内の挨拶で知り、親友としても独身 仲間としても二重に裏切られたようなショックを受ける。その日いつも通り帰宅した那奈は一人暮らしの部屋に突如、銀行強盗の逃走犯3人 が押し入り拘束される。覆面のまま自分たちの犯行をビデオカメラで撮影している拓人(久保田悠来)と拓人の彼女の麗良(佐生雪)と元 彼女の葵(酒井美紀)の3人は全く銀行強盗っぽくなければ、今カノと元カノは気まずい雰囲気。そんな強盗団と三十路を目前に逃亡劇と いう非日常におとしめられた那奈の運命はどうなるのか!?


舞台挨拶

司会者:全国順次公開ですが代表して主演の武田さんお気持ちは?

武田:撮影は1年以上前でしたが、公開まだかなまだかなと思いつつも、いざ公開となると、あっという間だなぁという気持ちです。公開前に監督と、どうやったらたくさんの人に観てもらえるかと話し合っていたので、こうやって劇場にお客さんたくさんいて嬉しいです。


司会者:本作のキャッチコピーでも謳われています大ドンデン返しですが、演じるに至って気をつけたところはありますか?

武田:撮影当時25歳で、三十路の女性を演じるのはプレッシャーでしたし、そういう気持ちになるところまでいけていない自分がいましたが、監督と相談して自分の不安とかそういうものをこの役にぶつけました。


司会者:役づくりに取り入れたものはありますか?

武田:メイクとかこだわったり、髪の毛パッツンなんですけど髪の毛を追加したり(笑)あぁエクステを・・・


司会者:久保田さん演じるに至ってどうでしたか?

久保田:大ドンデン返しということで、ドンデン返ししすぎて元に戻らないように気をつけました(笑)

山岸監督:ちょっと何言ってるかわからない(笑)

司会者:酒井さんはいかがですか?

酒井:今回元カノ役ということで、なかなかすごい関係性でしたが、見た目で気をつけたのは髪の毛を切ったのですが、元カノで大人でちょっとボブにしてみて髪型を変えました。声のトーンはみんなより低めで演じたりもしました。


司会者:夢に生きる銀行強盗団を演じましたが役のイメージなど工夫しましたか久保田さん?

久保田:マスクを被る役だったのですが、マスクの選び方から真剣に考え、銀行強盗として役づくりのために、銀行ATMをすべて回ったんです。

山岸監督:嘘ですよ(笑)マスクを選んだの僕と美術さんですから

酒井:強盗団とイメージが違う動物のマスクを被ると思わず、意外と視界が狭く首を上げながらでないと見えないので大変でした。


最後の挨拶で武田は、いろいろな方々のおかげでこうやって無事に映画公開出来て嬉しいです。そして何より時間を使って観に来てくれたお客さまに感謝の気持ちでいっぱいです。映画館の舞台で挨拶して自分の出演した映画が流れるというのが私の夢です。いま叶えられていますが死ぬまでこういうことを続けていきたいです。と力強く語った。



「夢の舞台挨拶逃避行」の抽選会


映画「三十路女はロマンチックな夢を見るか?」劇場予告



映画『三十路女はロマンチックな夢を見るか』は2018年3月31日(土)よりシネ・リーブル池袋ほか全国順次ロードショー


出演:武田 梨奈

久保田 悠来 佐生 雪 山村美智 / 近藤 芳正(特別出演)/酒井 美紀

主題歌:『Aqua』Juliet (ユークリッド・ミュージックエンターテインメント)


監督:山岸謙太郎

脚本:上原三由樹 / 山岸謙太郎

製作:STELLA WORKS  キングレコード キャンター

制作・宣伝・配給:キャンター 

宣伝協力:ツインピークス  

配給協力:キグー     

(C)2017「三十路女はロマンチックな夢を見るか?」製作委員会

公式サイト:http://misozi.jp/

UNIVERSAL PRESS(ユニバーサルプレス)

UNIVERSAL PRESS(ユニバーサルプレス)は、映画、舞台、出版記念イベント、音楽・ファッションイベント、その他PRイベントを扱う芸能WEBメディアです。