ローカル線を舞台にした映画『トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡』DVD発売記念イベント

2月25日(日)HMV&BOOKS SHIBUYA(渋谷モディ)にて映画『トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡』DVD発売記念イベントが行われ出演者の松風理咲、前野朋哉、お笑いコンビ(よゐこ)の有野晋哉、監督の杉山泰一が登場した。

映画『トモシビ』は、生誕から95年を迎えた今なお、走り続ける銚子電鉄を背景に描かれた映画。原作は吉野翠の短 編小説『トモシビ 銚子電鉄の小さな奇蹟』(TO文庫刊)。映画では、原作とは違った物語が展開され、女子高生・椎名杏子(松風理咲) を主人公に、高校生ランナーと銚子電鉄との競争イベント、そして電車を支える人々と、電車とともに地元で暮らす人々との 交流を描いた作品。昨年5月に公開をスタートし、撮影の舞台となった銚子の劇場(イオンシネマ銚子)では、ロングラン上映された。

作品の見どころを聞かれ松風は「すべて銚子でロケをした作品なのですが、すごく自然が綺麗で本銚子駅が新しくなる前の昔の姿をDVDでは見れます」とアピール。有野は「DVDのメイキングで松風さんをイジって生き生きしているところが見どころです」と笑いを誘った。

前野は「撮影中は鉄道にあまり興味がなかったのですが息子の影響で鉄道に興味出てきました。家で息子と電車のDVD見ています」と告白。映画初出演の感想を聞かれ松風は「スタッフさんキャストの方々が優しくて盛り上げてくれるのでリラックスして撮影できました」と初々しく答えた。

松風より少し年齢の若い子供がいる有野は「多感な時期でお父さんのこと嫌いになったことはあるの?」と来たるべき思春期のため松風にリサーチしたが、「お父さんのこと嫌いになったことない」と答えが返ってきて「このように育てるにはどうするのかお父さんと話ししたいですね」と松風とのエピソードを話した。

またイベントの日は有野晋哉の誕生日ということでサプライズで誕生日ケーキをプレゼントする場面も見られた。



映画『トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡』 2月2日(金)DVDリリース&レンタル開始!

品番:CRBM-10002 価格: 3,900円 (税抜)

【出演】

松風理咲、前野朋哉、植田真梨恵、有野晋哉、富田靖子、 升毅、菅原大吉、井上順 ほか

監督:杉山泰一

脚本:佐野誠、吉野翠

【原作】

吉野翠「トモシビ 銚子電鉄の小さな奇蹟(TO文庫)」

【主題歌】

『灯』 植田真梨恵(GIZA studio)

【DVD収録内容】

■映像特典(約16分)

(1)メイキング映像(約10分)

(2)主題歌「灯」PV映像(約4分)

(3)予告編(約2分)

(4)ロケ地マップ

■封入特典

ロケ地マップ

【ストーリー】

高校生の椎名杏子(松風理咲)は、父を亡くし、母(富田靖子)と二人で銚子の街で暮らしていた。杏子が企画した、銚子電 鉄を盛り上げるためのイベント「銚子電鉄と高校生ランナーとのレース勝負」開催に盛り上がる銚子の町。しかし杏子は最 後のランナーが決まらず焦っていた。電車撮り鉄青年の熊神(前野朋哉)は人生に疲れ果て、ふと銚子を訪れた一人の女 性キミエ(植田真梨恵)と出会い、2人は徐々に距離を縮めていく。一方、銚電の名にかけてもその勝負に負けられない銚 子電鉄側では、万全の準備を期していたが、まさかの部品故障が発生。運転士の磯崎(有野晋哉)がレースを諦めかけた 時、母と親しくする磯崎を疎ましく思っていた杏子が言い放つ…。 そして、レース当日、それぞれの想いを乗せて、走る、走る。



『トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡』DVD好評発売中 ¥3,900(税抜)

発売元:クリーク・アンド・リバー社

販売元:ハピネット

©トモシビパートナーズ、TOブックス



UNIVERSAL PRESS(ユニバーサルプレス)

UNIVERSAL PRESS(ユニバーサルプレス)は、映画、舞台、出版記念イベント、音楽・ファッションイベント、その他PRイベントを扱う芸能WEBメディアです。