映画『やっさだるマン』完成披露上映会が行われ、佐藤永典の誕生日をサプライズ祝福する場面も!

2月11日(日)なかのZERO大ホールにて映画『やっさだるマン』の完成披露上映会が行われ出演者の佐藤永典、須藤茉麻、竹達彩奈、広島県三原市の公式マスコットキャラクター“やっさだるマン”、監督の大森研一が舞台挨拶前の囲み取材に応じた。

2017年広島県三原市が迎えた “三原城築城450 年”を記念して、全編市内ロケによる映画の制作が決定。市公式マスコットキャラクター“やっさだるマン”を通じて地域を盛り上げようと奮闘する若者たちの姿を描くオリジナル物語となっている。

STORY

広島県三原市役所やっさだるマン課。如月肇と赤畑里美は、同市の公式マスコットキャラクター“やっさだるマン”の管理運営を担当。今年の「ゆるキャラグランプリ」本選の参加を終え、全国236 位という結果を引っさげ帰ってきた。順位低迷は例年のことと、さして気にもとめない肇を叱咤する課長、先輩の向井も呆れ顔。市の行事のたびにやっさだるマンとして出動し、夜はいきつけのバーで飲んだくれる日々の肇。バーのマスターや家族から漏れる溜息。そんなある日、やっさだるマンの大ファンである礒合優那が課に配属されてきた。いきなり彼女に一目惚れ!?の肇は俄然やる気満々となり、前向きな優那に課の雰囲気も一変。ついには、やっさだるマンの一大プロジェクトを立ちあげる!しかしその実現へ向けて歩もうとした矢先、肇の前に試練の壁が立ちはだかる。はたしてプロジェクトの行方はどうなる!市民をも巻き込んだ壮大な青春爽やかストーリー


囲み取材

完成披露試写会を迎え感想を聞かれ須藤は「楽しい映画になってるしオール三原市のロケなので作品の良さはもちろん三原の良さも伝えていけたら」とコメント。竹達は「普段は声優の仕事をしているが実際に自分のカラダひとつでお芝居をさせていただいて大変貴重な経験になりました」と語った。

三原市の良さを聞かれ佐藤は「空気がおいしくて、外出したくなるところですね。タコなどあれこれ食べ物を頂いて美味しくて三原市民になりたいなと思いました」とニッコリ。大森監督は「三原駅は新幹線も停まるし目の前にすぐ港があるし、さらに空港もありコンパクトでありながら海も山も映画として武器になる綺麗な景色もある」と三原の魅力をアピールした。

またこの日は2月14日に誕生日を迎える佐藤にサプライズの、お好み焼きケーキがプレゼントされ須藤、竹達のダブル「あーん」でお祝いされる場面もあった。



映画『やっさだるマン』は2018年4月21日(土)よりシネ・リーブル池袋ほかにてロードショー

出演:佐藤永典、須藤茉麻、竹達彩奈、宮川一朗太、野々村俊恵、清水美沙、目黒祐樹

監督・脚本:大森研一

製作協力:三原映画をつくる会

製作:ウサギマル

配給・宣伝:スターキャット

Ⓒ2018「やっさだるマン」製作委員会

公式サイト:http://darumans.com




UNIVERSAL PRESS(ユニバーサルプレス)

UNIVERSAL PRESS(ユニバーサルプレス)は、映画、舞台、出版記念イベント、音楽・ファッションイベント、その他PRイベントを扱う芸能WEBメディアです。