アジア歴代興行収入No.1!映画『戦狼/ウルフ・オブ・ウォー』2018年1月12日(金)より全国拡大ロードショーが決定

全世界興収1000億円突破! アジア歴代1位の観客動員数を記録した歴史的ミリタリー・アクション『戦狼/ウルフ・オブ・ウォー』。2017年10月開催「2017東京・中国映画週間」での上映時に満員を記録!話題沸騰のため2018年1月12日(金)よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国拡大ロードショーが決定した。



■世界の歴史を塗り替えたメガヒットアクションが満を持して日本登場!

本作は、2017年7月に中国で公開されるや否や、興行成績は上がり続け、国内の記録を次々と破った。そして、わずか7日で『人魚姫』(33億9200万元)を越え、アジアの歴代興行収入を塗り替えナンバーワンに躍り出る。アジアのトップに立ったのに続き、8月10日には40億元の大台を突破。18日には『戦狼/ウルフ・オブ・ウォー』の中国市場の観客動員数は1億4000万人に達し、『タイタニック』の北米市場での観客動員数1億3800万人を上回り、世界映画史上における「単一市場の観客動員数」の新記録を打ち立てハリウッドを驚愕させた。その後も躍進を続け、「スター・ウォーズエピソード3/シスの復讐」などを抑え、全世界歴代興行収入最高位54位(1,000億円)を樹立。アジア映画史上初であり、ハリウッド映画以外で初めてランクインした作品となった。中国の『戦狼2』の公式ブログは、「みなさんのおかげで、中国映画が世界ランキングのトップに立つことができました」と観客に感謝の意を表した。日本でもこの「千と千尋の神隠し」の3倍もの大ヒットという歴史的快挙を各局が報道。「中国版ランボー」として取り上げられ話題になった。

■ジャッキー・チェンが認めた後継者!天才アクションスター、ウー・ジン監督・主演作!

主人公を演じるのは、『SPL/狼よ静かに死ね』『新少林寺/SHAOLIN』『ドラゴン×マッハ!』などで活躍する超絶技巧のアクションスター、ウー・ジン。6歳で北京武術隊に入り本格的なカンフー人生が始まったという彼。本作撮影中には、ケガを縫合すると撮影が遅れるため、傷をボンドで接着しながら撮影を強行した。シリーズ前作『ウルフ・オブ・ウォー ネイビー・シールズ傭兵部隊 vs PLA特殊部隊』でも監督・脚本・製作総指揮・主演を務めている。この前作の記録も華々しく、数館の興業から爆発的大ヒットとなり、並み居るハリウッド大作を抑え、週間ボックスオフィス1位を記録&10位以内も長期間キープした。また、史上初となる、上海国際映画祭4部門制覇も果たしている。これを観たジャッキー・チェンは、上海国際映画祭の「ジャッキー・チェン アクション映画ウィーク」にて、ウー・ジンを大絶賛。以前からそのカンフーを高く評価していたというジャッキーは、「ウー・ジンは、自分のみならず、ジェット・リーの後継者。」と熱を帯びながら語っている。本作では、今後も、人気シリーズ『エクスペンダブルズ4』のキャスティングリストにウー・ジンの名前が記載されていることが分かり、ジェット・リーに代わって出演するとみられている。

■ハリウッド×香港アクションが融合!エクストリーム・アクションの傑作誕生!

この大ヒットの裏には、ハリウッドと香港アクションの絶妙なコレボレーションが隠されている。敵役には、ハリウッドから「プリズン・ブレイク」の弁護士ニック・サブリン役で火が付き、『パージ』(シリーズ)でブレイクを果たしたフランク・グリロ。武術の達人でもあるグリロが、ウー・ジンの超高速アクションと互角に渡り合う。そして、世界レベルのアクションを実現したのは、2人のアクション監督だ。一人は、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』『スーサイド・スクワッド』などハリウッドを代表するアクションの名手、サム・ハーグレーヴ。カー・アクションや戦車戦などを担当した。一方、フィジカルアクションは、香港のウォン・ワイ・レオン。『新少林寺/SHAOLIN』でもウー・ジンとタッグを組んでおり、彼のポテンシャルを存分に引き出すアクションを演出。第30回東京国際映画祭の提携企画となる「東京・中国映画週間」のゴールドクレイン賞(金鶴賞)では、その作品性が高く評価され、作品賞、主演男優賞、監督賞の3部門を制覇。ここに、男たちが火花を散らす、スピードと重厚感溢れるファンタスティックな比類なきアクション大作が誕生した。

STORY

反乱軍1万人に立ち向かえ! 歴史的大ヒットとなった魂揺さぶる壮大なミリタリー・アクション!

アフリカ、マダガスカル海域。一人の男が、海賊に襲われた貨物船を救出した。男の名はレン。元特殊部隊「戦狼」の精鋭だ。とある事件から軍籍を剥奪されたレンは、反政府勢力に殺害された恋人のロンの敵を討つべく、この地に渡っていたのだ。しかし、その最中、反乱が勃発。命からがら護衛艦に避難したレンだが、戦闘地域に民間人が取り残されているという話を耳にし、レンは単独、戦地に舞い戻る―。


映画『戦狼/ウルフ・オブ・ウォー』は2018年1月12日(金)よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国拡大ロードショー

原題:戦狼2/Wolf Warrior II

配給:KADOKAWA 

宣伝:フリーマン・オフィス 

提供:AMGエンタテインメント/ポリゴンマジック

(C) Beijing Dengfeng International Culture Communication Co., Ltd.

公式サイト:http://senrou-movie.jp


UNIVERSAL PRESS(ユニバーサルプレス)

UNIVERSAL PRESS(ユニバーサルプレス)は、映画、舞台、出版記念イベント、音楽・ファッションイベント、その他PRイベントを扱う芸能WEBメディアです。