舞台「青の祓魔師」島根イルミナティ篇 ゲネプロ&囲み取材に人気キャスト達が登場

10月20日、都内にて舞台「青の祓魔師」島根イルミナティ篇のゲネプロ&囲み取材が行われ、出演者の北村諒(奥村燐 役)、宮崎秋人(奥村雪男 役)、大久保聡美(神木出雲 役)、横田龍儀(ルシフェル 役)、原勇弥(外道院ミハエル 役)が囲み取材に登場した。

加藤和恵原作『青の祓魔師』は「ジャンプスクエア」(集英社刊)に連載中の人気コミックスで、シリーズ累計発行部数は1,700万部を突破。現在、コミックス20巻が発売されている。 魔神の血を引く奥村燐が、過酷な運命に抗い、双子の弟・雪男や仲間とともに悪魔を祓う祓魔師を目指す姿を描く学園ダークファンタジーで、加藤和恵による華麗なヴィジュアルと、仲間たちとの友情や衝突、親子・兄弟の絆と葛藤が描かれたストーリーは、幅広い世代から大きな支持を得ている。

2011年にテレビアニメ化、2012年に劇場アニメ化、2017年にはテレビアニメ新シリーズ「青の祓魔師 京都不浄王篇」が放送され好評を博した。舞台版はこれまで3度上演されている。

2016年上演の「京都紅蓮篇」に続く新作となる『舞台「青の祓魔師」島根イルミナティ篇』では、原作コミックス10巻から15巻にあたるエピソードを舞台化。前作同様、原作者・加藤和恵の協力のもと、エモーショナルな人間関係の描写と殺陣やダンスを取り込んだダイナミックな演出を得意とする西田大輔が想いを込めて『青の祓魔師』の世界を余すことなく表現する。


STORY

正十字学園祭のさなか、啓明結社イルミナティの総帥ルシフェルが突如現れる。光の王ルシフェルは、魔神を復活させ物質界と虚無界をひとつにすることを目論み、正十字騎士團に宣戦布告。そして出雲がイルミナティのとある「計画」のために連れ去られてしまう。雪男を隊長とする救出班は出雲が捕らわれている島根県へと向かうが、そこで目の当たりにする壮絶な真実とは…!?


囲み取材

この日の囲み取材で北村は「舞台 青の祓魔師として完全新作として今までにない演出だったりギミックで前人未到のいろいろなものが詰まった舞台になっていて見所の多い舞台になっています」とアピール。宮崎は「脚本・演出の西田さんのアイデアがスタッフさんアンサンブルさんの力で実現していてヤベェ作品になるんじゃないかな」と意気込んだ。大久保は「今回は出雲がメインとなるストーリーでスペクタクルな演出1つ1つに感動する場面があります」と笑顔で答え。横田は「今回セットが動き回って、お客さんが驚くくらい迫ってきたりします」。原は「外道院ミハエルはルシフェル様と正十字騎士團を、あの手この手を使い問い詰めていく攻防戦を見てほしい」と真面目に答えると「この格好で真面目に答えるんだな」とすぐにツッコミが入り囲み取材に笑いが起こった。



舞台「青の祓魔師」島根イルミナティ篇

<東京公演> 2017年10月20日(金)~10月29日(日) Zepp ブルーシアター六本木

<神戸公演> 2017年11月2日(木)~11月5日(日) 新神戸オリエンタル劇場

キャスト

奥村燐:北村諒、奥村雪男:宮崎秋人 ほか

スタッフ

原作:加藤和恵(集英社「ジャンプスクエア」連載)

脚本・演出:西田大輔

音楽 澤野弘之 (「青の祓魔師」オリジナルサウンドトラック)

挿入歌 「CORE PRIDE」「REVERSI」「一滴の影響」UVERworld(gr8!records)

その他、詳しくは公式サイトを確認してください

©2017 加藤和恵/集英社・舞台「青の祓魔師」プロジェクト


以下公式ゲネプロ写真

UNIVERSAL PRESS(ユニバーサルプレス)

UNIVERSAL PRESS(ユニバーサルプレス)は、映画、舞台、出版記念イベント、音楽・ファッションイベント、その他PRイベントを扱う芸能WEBメディアです。