オムニバス映画『狂い華』初日舞台挨拶に次世代を担う若手女優が登壇

10月14日、新宿シネマカリテにてサスペンスホラー映画『狂い華』初日舞台挨拶が行われ出演者の堀田真由、小松彩夏、松本穂香、志保、阿部進之介、監督の井上博貴、戸田彬弘、湯浅典子が登壇した。

映画『狂い華』は気鋭の映画監督、湯浅典子(優しい日常)、井上博貴(呪いうつり)、戸田彬弘(ワルツ)によるオムニバス映画で映画祭での受賞歴、国内外の評価も高い3名が、未知のホラーサスペンスというジャンルに意欲的に取り組み、 3者3様の全く異なったコンセプトにサスペンス要素を加え、観るものを狂気に誘い込む作品となっている。

この日の舞台挨拶で「呪いうつり」の主演を演じた堀田は「今までホラーの作品を見たことが無かったが大人の方に御札を貰ってこれはヤバイやつだと思いました」とコメントし爆笑に。小松には御札が渡らなかったらしく(お塩)持っていってお清めしたとのこと。監督の井上は「霊が映っていればいいなと、楽しみながら編集したが映ってませんでした」と残念がった。

「ワルツ」は役づくりがなく台本をほぼ読まないで作られた作品で監督の戸田は「うちは緩かったです」とコメントし会場は爆笑に。松本は「自分が撮影した映像が使われているので大丈夫かなぁ」と不安がったが、監督の戸田は「逆にちゃんと撮らないのがいいんだよ」とフォローした。

「優しい日常」に出演した阿部は「ワルツ」の現場が楽しそうで悔しそうに「うちはスーパー湯浅が炸裂して監督がキレキレでビシバシした現場でした」とのこと。監督の湯浅は「窮地に追いやられなさそうな阿部がどんどん引き込まれていくというリアリティが面白かったです」というコメントをし阿部は「恥ずかしいなぁ」と照れた。

オムニバス映画『狂い華』は10月14日(土)より新宿シネマカリテにて公開される。


配給:パロマプロモーション

©2017 パロマプロモーション




UNIVERSAL PRESS(ユニバーサルプレス)

UNIVERSAL PRESS(ユニバーサルプレス)は、映画、舞台、出版記念イベント、音楽・ファッションイベント、その他PRイベントを扱う芸能WEBメディアです。