映画『人狼ゲーム マッドランド』初日舞台挨拶にスパガ浅川梨奈らが登壇

7月15日、シネマート新宿にて映画『人狼ゲーム マッドランド』の初日舞台挨拶が行われ、出演者の浅川梨奈、松永有紗、門下秀太郎、飯田祐真、栗原吾郎、長谷川ニイナ、眞嶋秀斗、木下愛華、坂田将吾、監督の綾部真弥が登壇した。

監禁した高校生たちに殺し合いをさせ、生き残った者には1億円が与えられる“殺戮ゲーム”。人呼んで人狼ゲーム。とある建物の中で目を覚ました10人の高校生。首には見慣れない器具が取り付けられ、小池萌(浅川)はそこが、巷で噂になっている「人狼ゲーム」の会場であることを知る。何のつながりも無い10人のメンバーは否応なしに、それぞれカードを引くことに。生存条件は「皆殺し」という圧倒的不利な状況のなかで、生き残りをかけてゲームを遂行する。

桜庭ななみ、土屋太鳳など本格派女優の登竜門となった「人狼ゲーム」の第6弾なった本作で主演を勤めた浅川梨奈は「歴代いろんな豪華な方が主演を勤めてきた作品に自分が携わることが出来て嬉しい」とコメント。過去のシリーズ主演を勤めた古畑星夏には別の作品収録中に「人狼ゲーム」の話を聞いていて、まさか次の年に自分が主演を勤めるとは・・・となったそう。また森川葵と撮影が一緒になったときに撮影現場の雰囲気を聞いて、いいタイミングで撮影に臨めたとのこと。

撮影最終日、男の出演者が一人だけになり「ものすごく寂しかった」という栗原吾郎に浅川は「ハーレムだから嬉しいでしょ」と茶化したりしたことを暴露され、浅川は「ちょっと待って待ってゴメンなさいねゴメンなさいねそういう意味じゃないですよ」と焦る場面も。

最後の挨拶で浅川は「10人の出演者で必死に作りあげた作品をたくさんの方に観てもらいたいし何回も観て欲しい。皆様からの意見が重要です。SNSで感想をつぶやいてくれたらエゴサします」とコメントし会場を爆笑させた。


映画『人狼ゲーム マッドランド』はシネマート新宿・心斎橋ほか公開中

【配給】AMGエンタテインメント

(C)2017「人狼ゲーム マッドランド」制作委員会

UNIVERSAL PRESS(ユニバーサルプレス)

UNIVERSAL PRESS(ユニバーサルプレス)は、映画、舞台、出版記念イベント、音楽・ファッションイベント、その他PRイベントを扱う芸能WEBメディアです。