映画『めがみさま』初日舞台挨拶に松井玲奈、新川優愛らが登壇

6月10日都内にて映画『めがみさま』の初日舞台挨拶が行われ、出演者の松井玲奈、新川優愛、廣瀬智紀、監督の宮岡太郎が登壇した。


ひとつの地域にスポットをあてて製作される「Mcinema」の第2回作品にあたる本作は埼玉県が舞台。母の過干渉、職場のいじめなどで人生に絶望していた佐倉理華(松井)が自分と同じ環境を克服したセラピスト・ラブ(新川)に出会い、ラブが開催する自己啓発セミナーの手伝いをする。だがある事件をきっかけにその関係に不協和音が生じてくる。果たして理華が最後に下した決断とは・・・


この日の舞台挨拶で新川は「いよいよこの日を迎えられたなぁ。ドキドキもあるが嬉しさのが何倍も勝っていて、鑑賞したみなさんがどう感じていただけたかが正直な気持ちです」とコメント。松井は「監督はサスペンスとかホラーが好きと聞いていたので、出来上がった作品を観て、宮岡監督のカラーがちりばめられている作品になっていると思いました」とコメント。

新川は介護系の仕事に就きたいと思っていて、高校生のときに勉強していたことを明かすと、廣瀬は「今ハッキリと分かった。お姉ちゃんぽいって思ったのが・・・介護されている感覚になっていた」とコメントすると会場が爆笑に。すかさず松井が「どれだけ心が疲弊してるんですか?」とツッコミをいれる事態に。

最後の挨拶で監督の宮岡は「見る人によって見え方が変わる万華鏡のような映画を作ろうと思っていた。」「インターネット上で皆さんの意見をお伺いしたい」とコメントすると会場が爆笑の渦に包まれた。



映画『めがみさま』は2017年6月10日(土)より全国順次公開中

配給/製作:MMJ   製作:2017Mcinema     ©2017 Mcinema

UNIVERSAL PRESS(ユニバーサルプレス)

UNIVERSAL PRESS(ユニバーサルプレス)は、映画、舞台、出版記念イベント、音楽・ファッションイベント、その他PRイベントを扱う芸能WEBメディアです。